« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

東京タワー

Kif_1755
25日の土曜日に東京タワーへ。息子初むかっ(怒り)夏休み最終土曜日ということで家族連れが多く賑わっていました。東京タワーも大分リニューアルして、軽食が食べられるようにお店が入っていたり、コンビニがあったり休憩所もあったりと変わっていました。帰りに亀有アリオに寄って息子の遊び道具「木の積み木」を見つけて購入。息子はぬいぐるみ等には全く興味を示しませんが、ブロックは大好きなので積み木もきっと好きに違いないと思って買いました。むふっ Kif_1761
 ついにパンこね機械を買ってしまったので、早速天然酵母パンを作ってみました。やっぱりきちんとこねるとそれなりに美味しいパンが出来るみたいで母からは美味しいと言ってもらえました。指でOKでも、まだ天然酵母がきちんと発酵できてるのかどうか(プツプツと泡が出て生きてるんですが)これでいいのかな?って感じで作ってます。できればフルーツなどを使った酵母でパン作りたいのですが、とりあえず今はホシノ天然酵母で練習です。
また、そろそろヨーガインストラクターの卒業論文に取りかからなければいけないので本等も読みたいのですがなかなか進みません。先日「弓と禅」というドイツ人が書いた弓道について書かれている本を読みました。ヨーガニケタン木村先生の息子のおすすめ本で、教室で「読むとおもしろい」と言っていたので、図書館で借りて読んでみました。西洋人は意味のないことはやりたくないと思うらしく、何の目的なのか良く分からないままに弓を引き練習を重ねることに疑問を持ち師匠に色々尋ねるのですがはっきりした答えというのはなく、自分で経験することだと教えられるのです。弓道はただ的に当てるだけではなくて、姿勢や呼吸がそして無になることが大切でヨーガに通じるものがあって、とても勉強になる本でした。また外国人から見た、感じたことをそのまま書いてある本でしたので、作者の気持ちがとても素直に伝わった本でした。
この本はちょっと昔に書かれたものなので、今の日本人なら大分西洋化されてると思うので意味もなく何かをするのを嫌う人は多いのではないかと思います。
自分自身を見つめなおす機会もなく忙しい毎日。
とても多くの人達が疲れているんだろうな。

お友達

昨日は麻布十番で中学時代のお友達に会いました。子供は旦那に預けて、ゆっくりとした時間を過ごせました。彼女とは年に2,3回くらいをペースに会っています。日本の将来をしっかりと考えている尊敬できる友達です。もう大分前になりますけど、タイにも一緒に行きました。女二人旅する友達ってほとんどいないから貴重な思い出です。
これからも末永く色んなお話していきたいです。
 ランチに行ったのは「eat more greens」というお店です。
http://www.eatmoregreens.jp/私が食べたのは「タコライス」。20070818_1146_000_2 東京はいつも混んでるから、混んでるかなと思ったらそうでもなく、ゆったりとした雰囲気でご飯を楽しめました。食べた後に少しぶらぶらして、久しぶりに六本木ヒルズへ。おもいがけず、息子の食卓お皿や自分の財布を買ったりして一日楽しみました。
 スリランカ人のお友達とメールを最近したら、今はイギリスにいるということでした。旦那さんの勉強のためにイギリスにきたけど、その後は息子のためにしばらくイギリスにいるということでした。「やはり英語は出来た方が将来のためになるから」ということだそうです。異国に住み続けるというのは大変なことだと思います。だけど、子供のためなら親は何でも出来るということを彼女から教わりました。はて、、私だったらそんなことできるかな?
また、韓国人の友達は7月に結婚したとのこと。すごく嬉しいし。産まれ年が一緒なのでとても親近感の湧く方でした。韓国の結婚式行きたかったなあ。呼んでもらえなくて残念だった。

とうもろこし

Kif_1743
実家の両親からとうもろこしを頂きました。
昨年、食べたときにはとても美味しかったのに、今年はあまり、、、と言っていた母。
確かに最初一口食べた時には「こんなんだったけな?」と思ったんですが、でも甘みがあって美味しいです。
昨日は蒸して食べましたが、今日は茹でて、茹で汁も再利用したスープを作りました。
レシピには玉ねぎ使ったり、昆布だし使ったりしてるのですが、茹で汁ととうもろこしの粒だけで十分な甘みがありとても美味しいです。茹でるときのこつがとうもろこしの皮、外側一枚残し、ひげ根(東城百合子さんの自然療法の本にはひげはお茶にすると良いと書いてありました)も一緒に茹でました。だからこんなに味がしっかりしたのかな?うれしい顔
とうもろこしは収穫後6時間以内に食べるのが最高だそうです。その後は高温になると甘味が減っていってしまうそうです。
 (病気)息子は最近右目がものもらいのような感じで、目やにが沢山出ます。夜寝るときは枇杷の葉で手当てをしています。赤ちゃんに手当てするのは難しいですね。
私は最近市販の飲み物やドレッシング系を食べると腕に痒い症状が表れます。何かに反応してアレルギー出してるのかな?痒い

息子のプレ誕生日会

Kif_1716 Kif_1712
今日は、実家の父、母、妹が来て、息子の誕生を祝ってくれました。息子は明日誕生日ですがその前夜際ということです。無事に一年が過ぎるのかと思うとあっという間で本当に早いなと感動します。歯も6本生え、ご飯もしっかり食べるし、大きな病気は今のところなくて嬉しいです。今までは離乳食で動物性のものを取ってなかったのですが、1歳になるということで週一回は魚を特に白身魚を中心に食べさせていこうかなと思っています。両親に言われたことは「菜食だからお腹に溜まるものがなくてどんどん食べてしまうんだろう、たまにはこってりしたものをあげてみるのもどうかな」というアドバイス。確かにお腹に溜まる時間は肉食に比べたらはるかに少ない時間で対外に排出されます。マクロビオティックも自然食も決して動物性を完全に否定するものではないので、これからどんどん成長する息子の様子を見ながら、魚やお肉を食べさせていけたらと思っています。
しかし、息子の食べっぷりはそれはそれはすごい。。

Kif_1726_2

アロマテラピー

今日は高校時代の友達が遊びにきました。
彼女は今アロマテラピーを学んでいるので、背中と足裏面をマッサージしてもらいました。先日やったアーユルヴェーダと違っているのはマッサージがとてもソフトということでしょうか、優しい感じです。彼女の手からエネルギーが流れている感じがして終わった後はとてもぽかぽか(今の時期は暑いくらい)してきました。不思議です。
友達とは興味が持てるものが似てるので色々と情報交換を出来るのもとても面白いです。

息子の風邪

昨日からせきコンコンに微熱だったのですが、夜はキャベツ枕をして、そして朝、夜梅肉エキスを飲ませました。ご飯も玄米クリームやかぼちゃのスープなど消化の良いものを与えて様子を見ました。彼には物足りない感じでしたが。
今日は「アーユルヴェーダ」を受ける日だったので、子供が吐いたり高い熱を出したりしたらやめようと思いましが、症状はあまり重くなかったので、母にお願いして予定通り行ってきました。全身のオイルマッサージ(アビアンガ)とシローダーラをしてきました。マッサージをする前に医師が脈診がしてくれるのですが、先生が90歳のお爺ちゃんですこし心配でしたが、自分の体質が「ヴァーダとピッタ」ということが分かったのでこれからの生活にも役立てそうです。
マッサージはリンパに沿ってやるのですが、リンパが詰まっている所は痛いです。特に肩や腰はなかなか厄介な痛さ。一度だけではこのコリはなかなか取れません。
シローダーラ頭にオイルをかける全身リラックスできる療法ですが、非常に気持ちよかったです。軽い瞑想が出来るという感じです。帰るときは気持ちが良いのとぐったりする感じが同時に襲ってきて、家に帰ったらすぐに息子と昼寝しました。
息子は昼には平熱に戻り、、梅肉エキスが効いたのかキャベツが良かったのかわかりませんが、とにかくすぐに良くなって良かったです。

梅干干し

今日から土用干ししてます。母が実家で梅干を作っていたのを家に持ってきて、干し始めました。今週は天気も良いし美味しい梅干が出来そうです。
 息子は少し夏風邪気味で、せきと鼻水をたらしています。熱も微熱なので、梅肉エキスを飲ませて、今夜はキャベツ枕をして寝かせようと思います。子供の風邪はちょっと心配ですが、息子本人はまだ平気そうで、食欲も全く変わりません。

断髪式と桃

梅雨が明けて暑い毎日で息子はとっても汗っかき。特に頭部がとても汗ばむので丸刈りにしてしまいました。

なんだかみてるととても涼しげなので、私も頭を真似したい気分になりました。
 今日は、霞ヶ関時代の先輩から桃が送られてきました。奥さんと共に脱サラをして、福島で農業を始められまさにロハス生活を家族そろってしているのです。家もログハウスを建ててそれはそれは羨ましい。
とっても大ぶりでそしてとても美味しい桃でした。
今後は野菜も売る予定だとか。
農薬はなるべく使わないように心がけてるということなので、是非一度試してみてほしいと思います。

http://petitfarm-abe.ocnk.net/

秋葉原語学仲間とランチ

今日は久しぶりに秋葉原語学仲間のchaとひでさんにお会いしました。二人とも見習いたい先輩でそして素敵に人生を歩まれています。ひでさんからはホームスティ受け入れのコツを教えてもらったり、chaからはお母さんの優しさや厳しさを教えてもらえるし、そして二人とも外国や言葉の世界に非常に前向きの姿勢で勉強を続けているところにとても尊敬します。
浦和ワシントンホテルの「さんばし」
http://r.gnavi.co.jp/b121900/というお店でランチをしたのですが、息子の食べっぷりにひでさんもchaも驚いていたし、頼もしいと言ってくれました。また二人にそれぞれ抱っこしてもらったのですが、泣きもせずぐずりもせずものすごくいい子を演じていました。
今日は暑いーィ一日でしたが、とても楽しいランチ時間を過ごせました。またひでさんからは畑で取れたての野菜、きゅうりやゴーヤ、モロヘイヤを頂いて思いがけずいただけた野菜。すごくうれしかったです

秩父長瀞

2,3日と秩父長瀞へ行ってきました。長瀞では川下りをしました、、涼しくて気持ちよかった。川の水が澄んでいてめだかや大きめの魚が見えました。息子はそこで足やお尻を洗ったら気持ちよさそうでした。お昼は「シーズ」という自然食レストランへ行きました。おうちは丸ごと丸太で出来ていて中に入ったらまた気持ちよい木の香り。ランチを美味しく頂きました。
泊まったホテルは「農園ホテル」http://www.farm-city.co.jp/index.htmlで周りには果樹園があり、季節ごとさまざまなフルーツ狩りを楽しむことが出来ます。こちらの食事も自然食で、バイキングから和懐石、薬膳料理、マクロビオティック料理を選ぶことが出来ました。もちろんマクロビオティック料理を楽しみました。フランス料理のようにコースになっていて前菜からスープ、メイン、ご飯、最後にはデザートも。お腹いっぱい美味しく頂きました。しかし、半分は息子に取られましたけど。
温泉なのですが、浴場は少し狭く露天風呂もかなり狭かったです。でもきちんと清掃されていてとっても良いホテルでした。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ