« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

ラージャヨーガ

 今日は一日朝から冷たい雨。またまためんどくさいなあと思いながらもヨーガの日でした。朝早くに息子の朝食を準備して行くのですが、今日は息子も早く起きてしまい朝からグズグズ。

雨降ってるしヨーガ休んじゃおうかとも思いましたが、息子を夫に任せて出かけました。

今日はラージャヨーガを学びました。この日の驚きはラージャヨーガ=アシタンガヨーガ だということ。ラージャヨーガの8部門はたしかにアシタンガヨーガと同じ、、知らないことがまだまだあるなあと関心しつつ講義を聴きました。

先生は主要なお話よりもわき道にずれることが多いです。今日もそんな感じでした。

日本人は西洋人等に比べてヨーガに向いていると説いていました。なぜならば日本の風土はとても変化がありいつも不安定である。たとえは地震が起きたり四季の移り変わりがあったり、台風が来たり。そういった風土の中で強く生きて行くためには心を安定させる術を日本人は知っている、だからヨーガをするのに向いているみたいです。

ヨーガを行ずるものは本来ヒマラヤの山奥で修行をするそうで、ヒマラヤも常に風土が不安定なんだそうです。

日本では毎年少なからず様々な災害が起きます。(港は必ず毎年台風等で被災してました。仕事柄そういうのも目にしたこともあります。被災すると大変ですよ、食物・エネルギー・資材等合わせて日本の輸入率<海外依存>は99.8パーセントです。)でも日本人はずーっと悲しみに暮れることなく、心で処理することが旨いので静かに生きられているそうです。

今は、自然と共に生きるとか、自然の恵みに感謝するとかそんな気持ちが薄れてますので、心で旨く処理することも難しいから様々な事件が起こるのでしょうか?

また、今回は班も変わり今までお話していなかった方と話すことが出来ました。ニケタンでは、半分は現役インストラクター、残りは看護士、心理療法関係の方、セラピー系の方、と、私のような一般の方がいます。お話した方の中で母と子のヨーガ教室をしているという人もいて、いつか私もボランティアなどで出来たらいいなあと思ったりします。

韓国の離乳食本

 リマのお友達の中で埼玉に住んでいる方がいて、今日はそのお友達に子供と共に会いました。

それまで、メールのやり取りはしてたけど料理教室以外では会ったことがなく、今日は様々なお話を聞けて楽しかったです。息子も人見知りせず懐いてくれたし。

彼女は在日韓国人ということで、日本語と韓国語が堪能。また食のことについて様々な勉強をしていて、びっくりするくらい。

今回韓国の離乳食の本を貸してくれたのですが、韓国では日本に比べると四季の移り変わりや行事をまだ大切にする風習が残っているし、また色々な木の実や漢方などの材料を利用して離乳食を作るというところにとても関心また興味を持ちました。Kif_1867 Kif_1868

本にはこの材料はお腹が痛いときとかによいとか、風邪に効くとかそういうこともきちんと情報として書いてあるようです。全部ハングルなので、、大分難しいですが、、、

私は、日本の一般の離乳食の本は持っていません。また普通の料理本よりは菜食系の本が多いです。また、ちょっとした病気のときこんな使い方こんな食べ方をすると良いというような食養本。野菜の使い方や食べ方も分かり、これだと子供にも当てはめて考えられるので便利です。

リマのお友達は11月末には韓国に帰り、向こうのお友達と子供向けの体に良いお食事のお店をオープンするそうです。それを聞いてまたまたびっくり!! これでまた一つ韓国に行く理由が増えました。彼女のお店に行くのが今からとても楽しみです。

一人立ち

 最近、息子が一人で立てるようになりました。二本足でしっかりと大地を踏みしめてKif_1863ます。  

今度は急に歩くようになるのかな? 

昨日は、市内のママ&ベビーの集まりがあって参加してみました。1歳になったばかりの女の子がもう歩いていたり、、まだズリバイしか出来ない子がいたり、皆可愛くて、赤ちゃんいっぱいで楽しかった。

普段仕事していたらこんな光景あまり見られないから貴重な体験です。

   最近作ったパンたち。Kif_1859 Kif_1851 Kif_1860

やはり、こねる機械はすばらしいなあと日々実感。

まだまだ、色々作ってみたいです。

 9月19日に旦那の双子の弟夫婦のところに男の子の赤ちゃんが無事産まれました。

名前がまだ決まらないそうです。夫が昨日色々と名前を調べていましたが、何になるのかな?

秋生まれだから「栗」、「柿」とかめちゃくちゃなこといってましたが、私は「秋(しゅう)」っていいなあと思ってるんですけど、どうなるのかな?

Kif_1858_2 ある日の息子のご飯。 麦入りスープにマカロニ、切干大根入りちぢみ風

スプーンで食べれるように訓練中ですが、待てずに手が出てしまいます。

着物

今日から4ヶ月間着付けを習うことになりました。無料ということですが、私は着物を持っていなかったので、ネKif_1854ットで安いのを買って準備。

いつかは着付け習いたいなあ、と漠然と思っていたのですが、応募したら当たったので習うことになりました。 教室に来ていたメンバーは7人で、それぞれ着物に対する親しい気持ちと、一般の人よりかは着る機会が多いような感じでした。

私は、、着る機会があるかなあ?まずは身内の結婚式とか、、息子の何らかの入学式?

後は、外国人の方を受け入れなんかしたときとかに着物を着せてあげられたら楽しいかな?と思って応募したのです。今日は小物の名称とか色々と先生から説明がありましたが、ちんぷんかんぷんでした。

「4ヶ月やっていれば、誰でも15分で着物が着られるようになりますよ」って先生は言ってましたが、はたしてそうなるのかな?

 着物は1000年の歴史があるそうです。すごい文化ですね。

布について、

息子が産まれた時、布オムツで育てるのが世間では当たり前だと思っていた私。

いったいいつの時代の人間?と周りからは言われました。

家にいるときは基本的に布おむつで、外出するときと夜寝かすときは紙おむつを使ってます。

違いは息子本人に聞かないと分かりませんが、ゴミはとりあえず半分ですんでいるので捨てに行く手間は省けてるかな?

息子に布を使っていたら、自分の月のものにも布を使ってみたくなり、先日使ってみました。

やっぱり、気持ちが良いです。口でいえない心地よさというか優しい感じ。

買ったものがもちろんオーガニックでよいものだったということもありますが。自分でも作ろうと思えば作れるし、そちらの方が安上がりです。

でも、自分は裁縫は苦手だし、子供が小さいので針は怖いですので作りませんでした。

今は家にいるから使えるけど、出かけるときや仕事するときはやはり布を使うのは無理かな?と感じました。

息子の布オムツなどを通して、今は何でもあって便利だなあってまた改めて感じました。

葡萄狩り

昨日とはうって変わっての涼しさ。寒いくらい。Photo

涼しいし、出かけやすいしということで、千葉県の鎌ヶ谷市へ行って葡萄狩りをしました。

立派に生っている葡萄をはさみでちょきんと切って、ぱくぱく。シートをひいてお昼を食べながら葡萄を頂きました。Photo_2

9月は旦那と私の誕生日月ということもあって、先日旦那のプレゼントとして買ったウクレレが

Kif_1780 これが、 

    ↓これになって、かえってきました。木で作られた携帯ストラップ。楽器屋さんに売っKif_1823_2 ていて、とても可愛かったので、買ってもらいました。

 ウクレレ、私もチョロチョロ弾いてます。下手くそな弾き語りをしているKif_1820_2 と、息子は機嫌がいいときは手拍子をうってくれます。 機嫌が悪いとそんなの聞きたくないとばかりに、泣き喚きます。 

今日は、私の誕生日でしたが、ケーキなどを作ってくれる人もいないので、

リマで習ったダンディケーキの復習をしました。 習ったものとは若干材料を変えてつくってみましたが、ドライフルーツを沢山入れるととても豪華なケーキになり大変食べ応えがあります。

あまり、手の込んだケーキではないのでめんどくさがり屋の私でも簡単に出来て、そして美味しいです。Kif_1840

そして、また一つ年を重ねてしまいました。本格的に「ホリスティック栄養学」を学びたくて、

アメリカの大学の通信教育を受けることに、、、昨日どっさりと教材が届き、わくわくするの半分と不安が。日本の大学だったら1年目にこれをやるとか決まりがありますが、アメリカの場合はそんなの無くて自分のペースでやってください、とばかりに教材だけ届きました。

そのあたりの感覚がアメリカぽいなと思って、また文化の違いを感じた日でもありました。                                                           

기쁜 이야기

기쁜 이야기 (キップン イヤギ) とは、嬉しい話。です。最近嬉しい話が沢山あってこちらも幸せになります。

韓国のお友達からも 기쁜 이야기 を聞きました。「임신했어」(妊娠したよ)との報告があり、自分のことのように嬉しくなりました。同じ年度生まれの日本の数えだと同い年なので、いやー本当に嬉しい。

私が妊娠したとき、彼女はシクラメンの花鉢をくれて、「身体にいいからと」重いのに買ってくれたんです。

同じアジア人なのに、やることがダイナミックだなと感心したのと同時にすごく嬉しかったです。

来年は彼女の赤ちゃんを見に、家族であるいは息子と二人で韓国へ行きたいなあと思います。

また、日本と韓国の妊娠や出産、子育ての違いとかそんなのも知りたいなあと思います。

Kif_1826 昨日、電球を買いに近くのお店に行ったら、苺の苗が置いてあり、あらたに苺の苗を買いました。前任苺には何度か苺を作ってもらって、美味しく頂いたのですが、原因不明に枯れてしまい、、悲しい結末に。

Kif_1575 ←前任苺を狙う息子

 また、お家でイチゴ狩りできたらいいな。

1ヶ月以上前に「赤ちゃんの筆」を注文してたのが今日来ました。

息子の初めて剃った毛が筆に変わりました。きちんと職人さんに作ってもらった筆です、Kif_1837

すばらしいですね。

曇りや雨でも太陽

 外が雨でも曇りでも家にはいつも太陽がいます。

Kif_1814  息子も太陽ですが

Kif_1804_2 ←こっちのほうです。スリランカに行ったとき買ったものです。

最近はちゃんとヨーガはやってないのですが、朝に太陽礼拝はやってます。やってると息子に邪魔されたりしますけど。

 先日、同じマンションの方からじゃがいもを頂きました。とてもほっくほっくのおいし~いじゃがいもです。

本当にありがとうございました。幸せものです。じゃがいも大好きですから。Kif_1803

じゃがいもをペースト状にして、パンの生地に入れてやいてみました。でも、じゃがいもの水分が後から後から出てきて、ちょっと爆発。 Kif_1810

そして、今回はホシノの酵母で作ったので少し生地が酸っぱくなりました。(旦那が食べるかどうか、、、)やはり、ドライフルーツでおこしたりする酵母の方がほんのりすっぱ甘くて、どんなに失敗パンでも美味しいかなと思いました。

 ある日の息子の夕食。Kif_1812_2 車ふを使ったオニオンスープ  車ふとは小麦のKif_1813 グルテンで作られた高タンパク低カロリーの食材です。マクロビオティックでは、お肉の代わりに車ふでカツを作ったり、結構利用される食品です。

私もあまり使わなかった食品ですけど、以外にあちこちのスーパーには結構置いてあります。

私はもともとお肉は食べないほうなので、家で車ふのカツを作るよりはスープに入れたりお味噌汁に入れたり活用してます。

ライスドリーム

「ライスドリーム」とは玄米からとれたドリンクです。日本では作られていないので、輸入物しかありません。Kif_1798

だから、た・か・い!! たまに買って、ライスドリームの中に胡麻クリームを溶かして、子供に飲ませたりしています。

以前子供の病院で「カルシウム」足りてるかな?なんて言われたこともあり、食事には必ず1日に青菜と海草と胡麻は取るように気をつけてます。

胡麻はカルシウムだけでなく良質な脂肪も取れるし、日本人には欠かせないものではないのでしょうか?  今日のお昼は玄米フレーク。ライスドリームでふやかして子供に与えました。

玄米食べなくても今は色々と加工食品があるんですね。   Kif_1799                               Kif_1801

リマクッキング上級スタート

昨日からリマの上級が始まりました。復習もままならず、自宅では非常に慌しくしか料理できないし、上に進級することも少し後悔を感じていたのですが、土曜日の一つ目の実習はサンドイッチやスコーン、ダンディケーキなどのお楽しみから入りました。

20070915_1408_000 初級と中級に比べて、とても軽く学びやすい感じにほっとしたところでした。

20070915_1813_001 二つ目の実習は葛を使った料理がメインで料理からおやつまで全てに葛を使い、葛きりの作り方まで教わりました。

こんなに簡単に葛きりが出来るなんて思ってもいなかったので、一口食べて非常に美味しかったので家でもやってみたいと思いました。

そんな、にこやかな感じで始まった上級も、今日は非常に引き締めてくれる先生で人参の蒸し煮や基本的な塩加減を再復習するが如く体感させていただきました。

また、宇宙との秩序をはかり自然の摂理に沿って生きるということ、、マクロビオティックの基本を再度教えてく20070916_1051_000_2
れました。 最後は幸せに、世界中が幸せに、、「世界平和」  このお話を聞くとヨーガの考え方に非常に似ていて、ヨーガを学んでいる私にとっては共通な部分でもあります。 ヨーガやアーユルヴェーダに通じるところが沢山あっても、リマで学べることは調理。料理をしながら宇宙を感じるところにリマの魅力があるように感じられます。また、ご飯をしっかりと噛むということを何度も何度も教えられます。
   

この連休は夫のご両親が遊びに来ていて、息子を預けることができ、料理を学びに行くことが出来ました。とても感謝しています。

Kif_1787_2 手作りのパン等を朝食に出したりしました、、味はどうだったか?恥ずかしい。

それから、料理教室の友達とも話していたことは、菜食で育てる離乳食本が少ないねえって話。一般の食ならいくらでもあるけど、、菜食ってないんですよねえ。基本はご飯を中心に豆、野菜、果物、海草類を一日に一通り取るというように気をつけてはいますがそれでいいのかはあまり自信ありません。

                    子供の今日のメニューは料理教室で作ってきたものを加えていつもより少しKif_1796 豪華かな?                                  

         

風のように自然な生活

 今日から、ブログ始めてみたいと思います。mixiでも日記を書いてますが、こちらでも自分のつぶやきを書いてみたいなあと思いました。ココログだと本が作れるらしいのです。息子が大きくなって反抗期になったら、このココログを本にして渡そうかなと思います。親の大変さが少しは分かるかな?

子供が出来てから、それまで漠然としてしか考えてなかった地球のこと。

なるべく自然に沿った生き方を風のようにしていけたらなあと思っています。子供も風のように空高くのびのびと育てたい。そして、地球環境がなるべくこれ以上悪化しないように行動したい。

 さつまいものおいしい季節となりましたね。私は料理が得意ではありませんが、子供が出来てからなるべく手作りをこころがけるようになりました。

今日作ったのは「すいーとぽてと」卵、牛乳、砂糖を使わずにプレーンな味で作りました。

Kif_1785_3 一応マクロビオティック教室にも足を運んでいますが、家に帰ると子育て等自分のやることなどがあって、ばたばたと料理を作ります。いつも、、心が集中できないのですが。 

明日から、リマクッキング上級コースが始まります。もうすこし、基本をしっかり復習してから進むべきだったかなと少し後悔しております。

おひつ

Kif_1783
おひつ、買っちゃいました。最近は主婦のような買い物ばかりしてしまいます。おにぎり
残りご飯を美味しく食べたい。このおひつは電子レンジも使用可能だそうです。(でも電子レンジは使わないけど)
次にほしいのは精米機かな。玄米よりも息子にとっては(旦那にとっても)分つきがいいので、玄米買ったらそのつど精米できれば便利ですよね。

ウクレレ

6,7年前に一人暮らしをしていたとき、ウクレレを一人で家で弾いてるときがありました。きっかけはひょんなことからで、cd屋さんに安いウクレレがあって思わず買ってポロンポロンと簡単な和音やドレミを弾いていました。
 今月は私もそうですが、旦那もお誕生日月ということもあって、家でできる趣味にと旦那に「ウクレレ」を買いました。ムード自分も楽しめるし、息子も音楽に合わせて体を揺すったりするからどうかなと思い。
前回は安いのを買ってすぐに駄目になってしまったので、今回は少し良いのを買ってみました。なかなか音が心地よくて癒されますわーい(嬉しい顔)家にピアノがあったりしたら楽しいかなと思うのですが、ウクレレは持ち運びにも便利だしどこでも弾ける手軽さがいいですね。
 
 今月また一つ年取っちゃいます、、20代は仕事と遊びと、毎日これでいいのかなと悩みながら仕事して早10年。毎年夏休みには海外に行っていろいろなことを見てきたつもりです。ほとんど遊びや癒しを求めに行っていたけど、、
30代は少し落ちついて、育児と仕事と後は将来役に立ちそうな勉強を始めようかなと思います。
 お金はちょっとかかるのですが、アメリカの大学の通信教育を受けてみようかと思います。先日入学許可を受けました。日本語と英語で勉強できるらしいのですが、無事卒業出来るのか不安たらーっ(汗)アメリカは非常に通信教育制度が整ってるらしいですね。誰でもどんな状況でも勉強できるように整備されてるところは流石アメリカだなと思いました。
私が学ぶのは栄養学とか健康、東洋医学の基礎になるようなことですが、日本の栄養学だと実習とかが必修になるので、通信教育では絶対に学べないですね。

台風が過ぎて

Kif_1796
久々にすごい風と雨でしたね。今日は朝、旦那を駅まで車で送りました。ちょっと歩くだけでびしょ濡れになってしまいますもんね。

写真は子供のある日の夕食。
料理は元々苦手だけど、出来る限り手作りを心がけてます。菜食で育てていくにはたくさんの壁があるように感じます。最近、壁かな?と思うことは息子の手足が細いのが悩み、、、
悩んでmixiで質問してみたら、色々と答えていただけて少し安心
菜食で育つ子は普通食の子より小さく育つ。なぜなら体が大きくなるのは後からで、まず、心(精神)と頭脳が育つそうです。

最近「夜と霧」という本を読みました。ヨーガニケタン木村先生の息子(現役の医者)のお薦め本。
内容は精神科医が書いたアウシュビッツでの人間の欲、人間として生きるとはどういうことかということが書かれています。
あまりひどい状況ばかりが書かれていなくても、やはり読んでいると気持ちが沈みます。
最後に残る人間の欲はやはり食欲。そして、宗教心が強くなり、家族愛がさらに深くなるということでした。
心(精神)がしっかりしていれば、どんな状況においても人間は生きていける。心は本当に大切だと改めて学びました。

だから、息子にもまずある程度の年齢に行くまでは、まず体よりも心が育ってほしいなと強く思いました。
どんな状況においても強く生きていく強さ。

いま、息子の出来ること
 ・いただきますという時に手を合わせる。
 ・音楽にあわせて体をゆする
 ・スプーンを持って食べ物を口に運ぶ

最近、ばあばにおまるを買ってもらったから、きちんと使えるようになると良いね。

急須(ネティポット代わり)

Kif_1775
今から、もう5,6年くらい前に陶芸を習っていたとき作った急須です。小さめにアジアンぽいのを意識して作りました。最近は鼻洗浄で活躍中。陶芸は出来たら将来本格的に勉強したいなあ。
 パンの元、りんご酵母を作っている最中です。うまく発酵するといいな。 Kif_1774
 今日は、雨、久々に一日お家にいないといけないかも。

ヨーガの日

今日は、一日ヨーガニケタンの日でした。またまた町田かと思うと面倒な気分になるのですが、やっぱり行くと楽しいです。今日の授業はバクティ・ヨーガ(愛のヨーガ)の講義を受けて、鼻洗浄の仕方と瞑想法をやりました。鼻洗浄は少し前から塩番茶を使ってやってるのですが、いつもは手やコップを使ってやるのでやりにくい。。今日はネティポットを使って習ったので、すんなりと鼻洗浄が出来て気持ちが良かった。またゴムひもでも鼻洗浄を習ったのですが、鼻にゴムひもを入れて口から出すという技。これは少し高度なのでうまくいきませんでした。出来る生徒さんもいたけど、こんなの出来るほうがすごいかも。と、いうか怪しい団体みたいだな。練習あるのみです。瞑想法はクリアオームという名称。いくつかの呼吸法を行って意識化をし、最後には自分の普段の行為を考えたりして静かな気持ちで行います。途中には「アウン」を心の中で唱えながら瞑想していると、座っている姿勢にも関わらず意識がどっか行ってしまい、うつらうつら。寝ちゃいけないのに、朝早起きなんで意識が飛んでしまうんですよね。呼吸法をいっぱいすると体がぽかぽかになるけど(体を冷やす呼吸法もあります。使いすぎると体が芯から冷えちゃいます)、とても疲れます。呼吸法は使い方を誤るととても危険なので、一人で行うときはやり過ぎないようにしないといけません。
普通のヨーガ教室ではこんなこと教えてくれないけど、ニケタンではきちっと教えてくれる。本物のヨーガを教えてもらえてるなあと思って嬉しくなります。宿題は大変だけど、それもまた良い刺激かな。
 今日も旦那に息子をお願いしましたが、母がヘルプに来るまで、泣きまくったり私を探して部屋中うろうろしたりで大変だったようです。ごめんね、、とは思いつつも少し離れたりすることも大切かも。息子に対しての愛は「バスティ・ヨーガ」見返りを求めない愛でいっぱいです。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ