« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

日本の国際競争率

 息子にこの日記を本にして渡すかもしれないので、少し難しいことも記しておこうかと思います。私もよくわからないことですけど。

10月31日世界経済フォーラムは07版世界競争力報告書を公表。131ヶ国中 1位はアメリカ、2位はスイス、その後はデンマーク、スウェーデン、ドイツ、フィンランド。

日本は8位で昨年より3ランク低くなったようです。「日本は技術革新などで競争力を持つとされたが、巨額の財政赤字が足を引っ張った。金融市場が依然として安定していないと評価されたこともマイナス要因となった。」そうです。

アジアの中でのトップは7位のシンガポールとのこと。

アメリカのトップもすごいなあと思うのですが、北欧の諸国が安定した順位にずらっと並ぶところが流石だなあって思いました。とても寒い地域で資源が乏しい国々なんですが、人々はとても頑張ってるんだなということを感じます。

数年前に一人でふらっと、フィンランドに行ったことがあるのですが、今まで見てきた国々に比べてとっても自然が美しくて穏やかですばらしかった。また、人々はさらっとしているけど、親切で優しくて大人な感じがとてもよかったです。

社会・経済・教育・福祉 どれをとっても北欧の国々は大変すばらしいと感じます。そこまで行き着くには試行錯誤があったと思うのですが、今はそれが成功してるのではないかなと思います。

特に教育は日本も学ばなければいけないところたくさんあるんじゃないのかな?母国語でもないのに、すばらしく綺麗な英語を話すのにホントびっくりでした。イギリス人の語学の先生も驚いていたくらい。

息子が普通に公立の学校に行って語学を授業で学んだとき、すばらしい綺麗な日本語と第二外国語、あるいは第三外国語を話せるような日本の教育になってるのかな??それはやはり無理?

あと、全く関係ないこと、、今日、ヨーガのポーズで三点倒立が出来ました。頭立ちのポーズです★このポーズは心と身体のバランスが取れてないと出来ないポーズかもしれません。

2回目の苺狩

20071024195828 うちで出来た苺が食べごろになったので、息子と夫に一つずつ食べてもらいました。

きっとあまい苺だったとおもいます。香りが小さい割には「いちご」ですという感じで香っていたから。ベランダ菜園でもかわいらしく実がなってくれると嬉しいものです。

これをばねにまたいろいろ作ってみたいな。

 マクロビオティックを知ってから今まであまり知らなかった食材を知ることが出来るのも楽しみの一つです。

私はお肉が好きではないから食べなくても全く平気だけど、中にはなかなかお肉やめられない人もたくさんいると思いますが、そんなときに「もどき」料理が役に立ちます。Kif_1870

右の写真はから揚げに見えて、から揚げでなくから揚げ風な料理。食べてみてもから揚げみたいな感じで、家族には好評です。

正体は小麦と大豆のグルテンで出来ているんですが、植物性タンパク質とは思えないくらいです。ひき肉風なものも売ってるし、細切りタイプのものも売ってるので用途はお肉の代わりに様々に使えます。この世に存在するものは食べ物=生き物って本当に不思議ですね。

公園デビュー

 公園デビューって、そんな大したことではないですが、今日は歩けるようになった息子を公園で歩かせてみただけの話です。

大人にとってはどうってことないことですが、息子にとっては土、石、砂、草が初めて触れるもの。息子を地面に立たせたら「あーなんだこれ」っていう感じで早速手で触ってました。

今はどんぐりが沢山落ちてます。どんぐりを拾っては私にくれる姿がとっても愛らしかったです。20071029134715            

また、公園にいた鳩に興味を示し、指差して「ん、んあ、、」となんか言っておりました☆

カルマヨーガ

 今日は恒例のヨーガの日。昨日の台風が過ぎ去ったため朝五時過ぎに起きたときは雲ひとつなく、太陽はまだ昇っていなかったのですが外が明るかったので覗いてみると、まんまるのお月様が光輝いていました。とってーも美しくてこんな月明かりの中でヨーガが出来たらと浸るまもなく、子供の朝ごはんや洗濯物を干して町田へと行きました。

ザビエル書簡集4にこんなことが書いてありました。「日本人は、天体運行、日蝕、月の満ち欠けなどについて知るのを大変喜びますし、雨、雷や雹、雷、稲妻、彗星やその他の自然現象がどうして起こるかしることに興味をもっている。」

昔の日本人は本当に自然と共に生きていたんだなあと感じられる文章でした。今は私もそうですが、日々の生活に忙しくてなかなか自然の現象に目を向けることできないのが残念ですね。

今日、学んだのはカルマヨーガ。行為のヨーガ働きのヨーガと言われるものです。カルマは普通の人々が普通に出来る一番身近なヨーガかもしれません。家事、育児、仕事、勉強そんな普通なことをやることをヨーガではカルマと言うそうです。ただやればいいってことではなく、見返りを求めず、結果も気にしない。また幸も不幸もすべてを受け入れて行動することに意味があり、人の性格を形成していく。

カルマヨーガが理想とする人とは、最も深い沈黙と孤独のさなかに最も強烈な活動を見出し、最も強烈な活動のさなかに砂漠の沈黙と孤独を見出す人だそうです。

 行動することは大事だが、ただがむしゃらに行えばいいというわけではなく、それをする自分の動機も見つけつつ、またやらせていただいて有難いという気持ちも忘れずに智慧をつけていくことが大事なんだそうです。

講義を聞いていればなるほどなあ、分かっているけど自分に当てはめてみると、何かするときには自分にとってどれが一番かまず比べてしまいますし、仕事などではなるべく自分に付加がかからないようにって思ってしまうしカルマをやるのもなかなか難しいですね。

実技のほうは今日で最後。目の疲れを取るためや視力を良い方向へもっていくためと精神集中するための「アイ・エクササイズとトラータカ行法」を学びました。あまりアイ・エクササイズを今までやる機会がなかったので学べて気持ちがよかったです。班になってろうそくの炎を見る行法はまたちょっと怪しい集団って感じですね。でも炎を見てると何となく気持ちが安らかになりました。

この講座もあと残すところ2回。1月には試験、そして卒業論文を提出しなければなりません。11月中には何とか卒論を終わらせてしまって新年を迎えたいと思う日々です。

この講座が終わったら、もう少し専門的なことを学ぶコースに行くか悩み中ですが、、、やりたい気持ちはいっぱいです。

先日菅野美穂さんがインドへ行ってヨーガをする番組がありました。私はテレビ番組に疎い方でそんな番組をやるなんて知らなかったのですが、旦那が情報を持ってきてくれておまけに録画までしてくれました。私がヨーガ、ヨーガと言ってるからそれが移ったのかな?まだ、途中まで観てないのですが、インドでもヨーガがここ最近見直されてきたらしいです。

スプーンでご飯

 毎日日記を書くつもりはないんですが、とりあえずメモ書き程度で、、、

今日の夕飯の時のこと。最近はスプーンにご飯やおかず等を乗っけて息子に渡すとスプーンを持って食べてくれます。それは一歳になるくらいになる前からやってます。スプーンを持つのが飽きてくると、立ったり座ったり椅子の上で動くのでそしたら、自由に食べられるようにお皿におかずを乗っけて渡してしまいます。その後は手で食べます。

今日もスプーンで食べるの飽きてきただろうなと思って、お皿ごとスプーン付で渡したら、なんと息子が一度だけスプーンにおかずを乗っけて口に運びました。

驚いて、すごいと思って日記に記すことにしました。20071026201128こんな簡単なこと、よそのお子様は出来てるかもしれないのですが、こういうことって本当にある日突然出来るものなんですね。

父親と暮らし始めて半年

 うちの息子が父親と暮らしはじめて半年経ちました。

妊娠が分かって翌年度の四月に夫は四国に単身赴任することになり子供が産まれてからも別居の生活でした。周りからはいろんなこといわれ「四国に一緒に行かないの?」とか様々と、、、けど、マンションも買っていたし、自分も仕事あるし、恐らく1、2年で東京に戻ってくるし、私は自分の両親に近いところに住んでるほうが何かと助かるしと、、、あれこれ考えて結局旦那にはついていかなかった私。

海外勤務なら確実に3年は赴任することになるだろうからそれだったらついていくことも考えますが、国内、たとえ沖縄だったとしても私は多分仕事はやめなかったと思います。

子供が産まれて半年は別々に暮らすことになり、結局一度も四国には行かず、毎月埼玉に帰ってきてもらっていました。かわいいわが子を毎日見させてあげられなくて申しわけなかったなあと今でも思うことがあります。

夫は結局1年で四国から戻ることが出来て、早半年。

最初息子は全く父親には慣れず、私が外出するとき一人で見ることも出来ない状態。けれど、毎日顔をあわせていると段々と歩み寄るようになり、今日は朝バイバーイと手を振り、帰宅してきたときには歩いてお出迎え。

それを見てよかったなあ、思えた瞬間でした。20070923_1323_000

친구와 만난 날

 今日は久々に子供をつれて電車に乗りました。子供をつれて電車に乗るのは大変パワーがいるためあまり使いません。しかし今日は、新宿で友達に会う約束があり車と電車で悩んだのですが、結局電車にしました。息子は大変いい子、騒いだりしなかったから。でも、電車乗るのは疲れました。

今日会った友達は韓国人のお友達。子供がいないとき私が様々な国際交流できるような場所に出没してたときに出会ったお友達です。彼女が韓国に戻って結婚しそして妊娠。お腹が大きくなる前にもう一度日本に来たくて、遊びにきたということです。

旅行中の貴重な時間を頂いてお昼を一緒に食べました。彼女はお腹がすこーし大きくなったかなという感じでした。

韓国では産まれるまで儒教の関係で、男女どちらであるか病院では教えてくれないと以前聞いたことがあるのですが、直接は教えないけど、「ピンクの洋服を用意した方がいいかも」とか「お父さんに似てるかも」と遠まわしには教えてくれるそうです。

息子には本当に小さいとき会ってもらった以来なので、あった瞬間に「大きくなったね」と言ってもらえました。

お土産に韓国のりと子供の部屋着まで頂いてしまいました。Kif_1942 Kif_1941 荷物重いだろうにほんと、申し訳ないな。

無事に元気な赤ちゃんを産んでほしいです。そして今日は彼女の素敵なお姉さんにも会えてとてもよい日でした。

息子は二人の前でも変わりのない食欲を見せつけ、二人に笑われました。どんな人たちの前でも変わらない姿を見せられる息子に少し尊敬してしまいます。

今日は、いっぱい韓国語で話しかけてもらって息子の頭の中はどうなってるのかな?

帯見学

 今日は、いつもの着物教室を飛び出して、大宮の帯センターへ帯を学びに行きました。

とっても素晴らしい価値のあるものから、、、いやどれもとても素晴らしい技術でため息ばかりでした。

織物って糸だけで作られていると思ったら、様々な技術があり和紙に金箔を施してそれを糸のように細く裁断しそれを糸と一緒に織り上げていく帯もあり、その技術に大変驚きました。また帯を仕上げるまでの工程を学んだのですが、気の遠ーくなるような作業がたくさん。繭から細ーい糸を取り出して糸を創りあげ、機織り機に糸を乗せるまでの作業は本当に神業で職人魂が感じ取れました。20071023150312

私は、料理を作るよりも、絵を描いたり陶芸をしたり、銀のアクセサリーを作ったりするほうが好きで京都でも陶芸体験をしたことがあります。着物は今まで触れる機会がなかったので、今度京都に行ったら、着物や帯を作る作業を見れる場所に行ってみたいと思いました。

また、京都で着物を来て異動すると、タクシー代が安くなったりお寺の拝観料が半額になったりと着物を着てると様々な特典があるそうです。。。

着物習っても着る機会がなかったらつまらないけど、そういうことを知ったら旦那の実家に帰ったとき(滋賀県)に京都に着物で行って観光をしてみたいなあと思いました。

江戸東京博物館でも古い着物が展示されていたのですが、本当に良いものは何年経ってもおしゃれで粋で可愛くて本当にすばらしいなあと思いました。

今まで洋服しか着てこなかったけど、今一度和服を見直してみたいなあとまた新たに思いました。たくさん着物着るチャンスを自分で作っていきたいです。

鉄道博物館

 今日も朝から秋晴れ、気持ちの良い日となりました。

昨日に引き続き今日も博物館日和??ということで、最近出来たという鉄道博物館へ行ってまいりました。

息子が鉄道が好きかどうか分かりませんが、最近プラレールにも興味を示したということで行ってみることに。場所は大宮の近く大成駅の隣に鉄道博物館はあります。新しく出来たということで家族連れで賑わっていました。

旦那は何故か鉄道オタクのことが気になるらしく、博物館にいってもオタクを見に行くだけだからつまらないよとまで言ってましたが、そこそこそんな感じの方もいたけど、気になるほどでもなく本当に小さい子が楽しめる場所だし大人も楽しめる場所でした。

博物館の中は広い空間で、昔走っていた鉄道から最近まで走っていたものが展示されていて、銀河鉄道の夜とかスリーナインを思わせるような電車もありました。

プラレールが走る場所もあって、息子は指を指して喜びの表情を浮かべていました。また館内でも大はしゃぎで靴を履かせて館内を歩いてみたり、屋上の休憩場所もあるのでそこで歩いてみたり。

もう少し大きくなれば、様々な体験も出来ます。ミニ電車が走る場所もあったり、電車でgoみたいなのも出来るのがあったり、実際に運転して車輪を動かす体験も出来るコーナーあったり、、、私もやってみたかったかも。

なにせ、小さい頃は新幹線運転手になってみたいと何故だかわからないけど思ったこともあったくらい。でも、あまりに乗り物酔いがひどかったこともありその気持ちは大人になるにつれ薄れたかも、、また今でこそ女性職員採用があるけど、私が就職活動する頃はまだ鉄道会社女性枠はなかったはずです。

大きな普通の電車が動く場所があったり、それぞれ待ち時間は1時間から2時間くらいの大盛況。

駅弁も売ってるし、お土産コーナーは人で溢れいっぱい。。出来たばかりだからしかたないかも。

あまり興味のなかった私ですら楽しめたので、一度は行ってみる価値あるかもしれませんね。

両国

 今日は、両国で友達に会いました。就職したときに出会ってからの付き合いです。

久しぶりに一緒にランチしました。彼女は浅草に住んでいるので、両国は近いとのこと。行ってみたいお店があったのと江戸東京博物館に行きたかったのでそこで会いました。

久々に会った彼女は仕事での悩みもあるけれど元気そうだし、そして色々と旅に行ったりして遊びを楽しんでいます。今度は沖縄に行くそうです。。うらやましいなあ。

ランチした場所は「元気亭」。こちらはマクロビではありませんが、動物性を使わず野菜とかもこだわったものを使っているお店です。土曜日のお昼にも関わらず結構お客さんがいっぱいいました。20071020115227 両国行ったのにちゃんこ食べないの??なんて思われそうですね。

その後は江戸東京博物館の常設展へ。600円の割にはなかなか見ごたえ満載な内容で、時代がタイムスリップしたよう。江戸東京博物館の建物は少し変わった形をしてるのですが、その形は下駄の形だそうです。友達が教えてくれました、流石江戸っ子。物知りだ。

中はすごく広くて日本橋の復元もあります。人が渡れるものですよ★

20071020141008 空間が広くて、結構のんびり出来ます。模型もいっぱいあるので江戸の昔の町並みなども再現されてます。

江戸は循環型社会でとってもエコだった時代。街も大変美しかったとか、、、水道施設などもあり快適に暮らせていたとか。築地のあたりはこの頃埋め立てられたもので、関東大震災でも侵食しなかったそうで、立派な埋立地を昔の方は作られていたんですね。

そして白米は江戸時代に登場したらしいです。それまでは玄米もしくは雑穀を食べていたみたいですね、庶民は。

白米にすると栄養価がとても落ちるため脚気の病気がこの時代多く、「江戸患い」なんて言われていたそうです。

今日、息子はお父さんと二人でドライブしたそうです。午前と午後、二回も行ったようです。楽しかったかな?

食物自給率40パーセント

 今日の夕方のニュースでこんなことやってました。「国産の食材を使ってハンバーグ、オムレツを作ろう」、、一般主婦と子供の二組が登場し、一つの組は国産とか気にせず材料を調達、もう一組は国産を気にして材料を調達。一方は簡単にオムレツもハンバーグも作ってましたが、もう一方はハンバーグもオムレツも作れない結果に終わりました。その事実を知ったお母さんと子供は絶句。自分達が日ごろ食べてるものはほとんどが輸入物だということを肌で感じたようです。(日本の自給率が何パーセントか知らない人もたくさんいました)

国産のお肉や卵、国産なのに何故×なんだろう?と感じたお母さんと子供。調べていくと鶏や豚、牛が食べてる飼料がほとんど輸入に頼っているため、国産とはいえないそうです。

私は、たまたま就職した先が日本の港を管理監督してるような場所だったので、食物やエネルギー輸入率の具体的数字を知ったり、また港視察のときに見たりして「日本はこんなにも海外依存な国なんだー」って驚きました。先進国の中では自給率は最低の水準。「もし戦争や世界飢饉なんかになったら日本で食べられるものってなくなるんじゃないの?」って20代前半で漠然とそんなことを思いました。

その不安の気持ちが子供が出来たことで益々強いものに。将来この子が食べられるものってあるのだろうか?

何かしなくてはと思い、食農検定受けましたが、まだボランティアなど具体的なお知らせメールがないので何も出来ない状態。。

今、私が出来ることは国産を選んで買うことくらいかな。野菜や果物は近くのスーパーで国産を選び、醤油や味噌などは自然食品のお店で買います。

日々忙しく毎日過ごしてしまうけど、テレビのニュースでこういうことやってくれると、また何か考えなければというきっかけになっていいなと思いました。

今日の息子は、バギーに乗せても抱っこしてもばたばたするので道路に下ろしてみました。

すると自分で押すとばかりに道を初めて歩きました。とっても楽しそう。

20071019114054_2

好きなもの

 息子の熱はすぐに下がりましたが、お鼻の方はまだまだずるずる。鼻水を吸う器具を使って鼻水を取ろうとするとすごく嫌がって暴れます。やっぱりこれをやると痛いのかな?

息子の最近気になるもの。

 1.犬 実家でお犬さんと交流したお陰か、ペットショップにいって実家と同じ種類の犬を観ると指さして喜びの反応。Kif_1897

両親が隣の市に引越ししてきたら毎日一緒に過ごすことになるだろうからひとまず安心。

ワンちゃんのほうが疲れちゃうかも。

実家には猫ちゃんもいるのですが、とても人見知りが激しいので(未だに一緒に住んでいる父には慣れていない)、息子との対面は一瞬だけ。

私も丸2年は会ってなかったので忘れられたかなと思ったのですが、意外にも覚えてくれていて、妹しか懐いてないのであまりなかないのに「にゃー」とないてくれてそばに来てくれました。とても嬉しかった。

 2.おもちゃの車 積み木やブロックでは最近あまり遊ばず、おもちゃの車がお気に入り。

Kif_1937_2自分の手で車を動かしては追いかけて、動かしては追いかけてその繰り返しで遊んでます。

また歩く距離も段々と長くなり居間の長さぐらいは片道歩けるようになりました。

← 赤いちゃんちゃんこ 母の手作り。これを着るとちっさいおっさんみたい。

苦手なもの

 海の音。海は二度目、だけど茅ヶ崎で間近でみたのは初めて。

喜ぶかと思ったら、泣き顔に、、音が怖かったみたいです、ザザーっと響く音が駄目だったよう。Kif_1905

自然治癒力

 友達の結婚式に行くため、木曜日に38度になった息子の熱を下げたくて、今回初めて「豆腐パスタ」を使いました。「豆腐パスタ」は豆腐と小麦粉と生姜おろしを混ぜてシップ状にしたものをいいます。

お手当てではかなり効くものらしいので、料理教室ではあまり小さい子には使わない方が良いとならったので、使ったことはありませんでした。

今回は急いで何とかしてみたかったので、昼寝をしているときと夜寝ているときに「豆腐パスタ」を使用。主に熱のあるときはおでこに貼るといいと思います。でも赤ちゃんは色々動くので手で押さえてないと結構お手当ては難しいです。

けど、この豆腐パスタすごい威力あります。貼った数時間後には熱が平熱近くに戻り慌ててはがしました。あまり貼り続けると今度は冷えすぎてしまうので注意です。

金曜日熱はすっかり下がり、お鼻はまだ出てたのですが、移動中の車の中ではぐっすりと眠ってくれ無理ない旅となったので大事にはいたりませんでした。

 益々、自然の薬にはまりそうだなと思いながら、日曜日はリマでした。20071014_1047_000

今回はイタリア風なメニューあり、もちろん和風もありで美味しく頂きました。講義は「陰陽五行」と「粉物について」。陰陽五行は地球上に存在する自然なもの、人間が作り出したもの意外は影響を与え合い反発し合いめぐりめぐって一つの和になることを示したり、もっと奥の深いお話もしていただきました。ただ、旅の疲れで講義の時は少しうつらうつらしてしまった、、、

「粉物について」は、耳が痛くなるところもありました。食べるならやはり粒のご飯が一番。パンなどはお楽しみ程度が本来はよいそうです。粉は米に比べてさらっと流れない。それは内臓の中でも同じことだから、ご飯に比べて体に負担をかけている。蒸しパンならまだ軽いけど、焼いてあると引き締まりすぎてる。

それは分かってるんだけど、なかなかやめられない。パン

子供のお昼にパンあげてしまったりしてます。勿論天然酵母でなるべくバターや牛乳、卵、砂糖が使われてないものですが。パンを見るとちょうだいと騒ぎます。

韓国では離乳食にパンはあげないとか、、、基本はやはりお米なんですね。

友達の結婚式

 金曜日の朝から息子を連れて実家に。数時間実家のペットの犬と息子は仲良く遊びました。初対面だったのですが、息子はお気に入りになったらしくボールをもって一緒に遊ぼうとばかりに誘ってました。Kif_1898

実家で数時間くつろいだ後、茅ヶ崎の宿泊先へ向かいました。

今日は、友達の結婚式。朝は少し肌寒くて、雲も多く心配しましたがどんどんと晴れてきて快晴。とても気持ちの良い日でした。

今回の結婚式には、私、息子、父、母参加。

お友達と知り合ったのは語学サークル。当時私は東京が勤務地だったので、仕事帰りに秋葉原の語学サークルに参加をしてました。そのサークルは年代もバラバラ、仕事も皆バラバラ、そして愛称で呼び合っていたので、本名がどんな名前なのか良く知らない人もいます。

でも、皆、外国の言葉や旅行が大好きで色々な海外のお話で盛り上がったり、当時流行りだった韓国ドラマを皆で観たりいろんなことが言い合える素敵な仲間です。私が結婚するときもお祝いしてもらいました。

そのメンバーの一人からあるときスリランカの方を紹介され、実家で受け入れをしてから、父と母もたまに開かれる食事会に参加するようになり、今回の結婚式にも飛び入りで参加させてもらいました。

結婚式はとても素敵でした。友達は小さい頃からキリスト教徒できちんと通っている教会があり、そこで式を挙げました。だからとても地元に根付いていて、神父様の人柄もよさそうでした。

そして、神父様は友達の結婚を心から本当に喜んでいるようにお話をしたり、お祝いの言葉を言ったり、その姿がまたとても印象的でした。形だけではないきちんとした式にとても感動しました。

また、式終了後教会の方々からのお茶やお菓子のサービスなどもあったのが印象的です。

それから、次のパーティ会場まで、新郎と新婦がそのままの衣装でKif_1910 手をつなぎながら道路を歩いていったのです。それもとても新鮮で、一度も引越ししたことない友達はとても地元を愛してるんだなということが伝わりまたまた感動してしまいました。

本当にすてきな結婚式とパーティでした。

3度目の熱

 息子が2日前ほどから夜中に咳き込んでいました。ほこりでも吸ったかなと思ったけど、風邪だったらしく、今日は朝から鼻水がずるずる。熱も少しあり心配です。前回は真夏に熱を出したのですが、今回は季節の変わり目だから体調を崩したかな?疲れかもしれません。本人はけろっとして、歩く練習したり積み木で遊んだり食欲もいつもどおりです。

昨日の夜から梅肉エキスと堰がでるので、レンコンのおろし汁を与えてみてます。

梅肉エキスは風邪でも皮膚病でも疲れでもなんでも効くようです。疲れたときには最高の治療薬みたいです。Kif_1895

あと、とてもよく使うのは生姜。朝のおかゆに少し生姜粉末を入れてみました。体がぽかぽかとなるし悪いものを排出してくれるのではやくよくなるかな?

Kif_1896 本人はけろっとしてるけど、夜は玄米クリームと葛を使った料理にして

胃腸を休めて早く良くなるように整えたいです。たぶん本人には物足りないだろうけど、、、

大人もそうだけど調子悪いときに消化の悪いものを食べて内臓に負担をかけるよりは、消化のいいもので内臓を休めて熱を吹き飛ばしてほしいなあと思います。

明日は友達の結婚式があり茅ヶ崎に泊まる予定、息子も一緒に連れて行くのでなおのこと早く良くなってほしいなあ。

はじめての靴

 今日は午前中に外に散歩に行きました。家では5,6歩あるけるようになったので、試しに靴を履かせてお外で歩いてみました。最初は靴を履くのがなんとなく嫌な感じだったけど、履いて立ったら心地いい感じだったらしく、散歩の間中履いたままでも大丈夫でした。Kif_1890

昨日から実家の母が来ていたので、一緒に積み木遊びもしました。

積み木を重ねては手をパチパチと叩き嬉しそう。でも旨く重ならないと投げる、、何時からそんなかんしゃくを?

今日は、マンション内で赤ちゃん達が集まる会に参加。

またまた、たくさんの赤ちゃん達に会いました。皆同じマンション住んでるんですからすごいですよね?いや~、、ほんとにすごい、これじゃ保育所満タン当然だな。

私は両親が隣の市に引越ししてくる予定なので、心置きなく働くことが出来るから幸せ者ですね。

むさしの村

 3連休の中日、今日も朝から天気がよかったので家族で出かけました。

出かけたところは「むさしの村」。(埼玉県加賀市)初めての場所なのでどんなところかな?寂びれてるかも、、と思って行ったら、観光バスは10台くらい駐車場に停まってるし、自家用車もどんどんくるしで子供連れが多くてとても驚きました。 ミニ遊園地というかんじで乗り物等は古いのですが、赤ちゃんコーナーがあったり、お風呂に入るのも可能だしバーベキューもできるし、そしておいも掘りなどの旬の味覚狩りもできます。この日はアンパンマンショーもやっていました。外の広場でやっていたのでシートを広げて座りお昼を食べながら観ましたが、息子は全くアンパンマンショーには目もくれずひたすらお昼を食べていました。もう少し大きくなればアンパンマンに反応するかな?

息子はまだ小さいので一緒に乗れたのは観覧車。小さいからあっという間に一周してしまうけど、息子は楽しそうでした。

私達が住んでいる鳩ヶ谷市から車で少し北上すると埼玉県は結構畑や田んぼがあります。むさしの村も回りは米畑が多くて、収穫作業をしている姿もちらほらとみえました。一面金色でとても綺麗です。

そして、むさしの村から少し車で走っていると、羽生市になりいきなりコスモス一面の場所がありました。Kif_1881 Kif_1882 特に観光地でもなんでもないけど、たくさんの車が停まっていて、カメラで写真取ってる人もいました。

明日は雨みたいなので、この2日間は運動会日和。

気持ちの良い秋晴れでした。

中間地点の麻布十番

 今日は、息子を旦那にお願いして、麻布十番で友達とランチしました。彼女は中学時代からのお友達。

少し前にも会いましたが、彼女が夏休みにアメリカ、ロサンゼルスに住むお姉さん夫婦のところに行ったときのお話しと写真をみせてもらうために私達の中間地点麻布十番で待ち合わせ。

写真は素敵な景色やビバリーヒルズ、ミュージカルのときのものなどがあり、とても楽しい感じが伝わりました。また、仲の良い家族だなということも伝わってこちらもすごくいい気分になりました。

いいなあ、旅。私も海外に行きたいなあ、、アメリカにはまだ行ったことないので、ニューヨークに住む元職場の先輩のところに絶対行きたいってまた思いました。

 今日、彼女とランチした場所は「縁縁」というお店。駅から五分くらいの場所にあります。入り口が小さいので20071006_1300_000 すが、中に入ると洞穴みたいになっていて広い、そして置いてある雑貨がアジアンチックなもの。雰囲気がよくて落ち着けました。そして、この店ワンちゃんもオッケイらしく、若い女性が子犬を連れて入ってきてご飯を食べてました。

麻布十番は数年前から良く行く場所です。人が多い他の東京の街とは違っていて、新しいお店もあるけど老舗のお店があったりするしで楽しいです。

近くには大使館が沢山あるので、外国人家族も普通に買い物してるし、犬を散歩させてる人が気軽にお茶してるし(普通のコーヒーショップで)、バギーで子供乗せて散歩しても迷惑がられるほど人ごみじゃないのが魅力的です。また、おばちゃんが露天で漬物や野菜を売ってたり、自然食を売っているお店やカフェもあるし、たくさんの魅力が詰まった場所です。

念願だった「浪花家 総本店」のタイヤキを買って帰りました。このお店行ってもすぐにタイヤキ買えません。いつも平気で1時間待たされます。なので予約してその帰りにまたお店によらないといけないほど人気です。Kif_1878 皮が薄くて餡が尻尾までぎっしりと入ってます。

 出かけるときは、息子のご飯を用意できるときは用意します。

今日のお昼は人参スープ、綺麗なオレンジ色で素敵です。材料は、玉ねぎ、人参、豆乳でKif_1877す。後、塩を少々。

それほど手間もかからないので簡単に出来ます。

今度は息子連れて散歩したいなあ、、あんよの方も少しづつ進歩してます。また友達と会うときは恐らく麻布十番になると思います。

足がいち歩、に歩、、さん歩?

 今日は、息子が朝から何度もタッチ、タッチの屈伸運動。そして足が右、左とおぼつかない足取りで少し歩きました。Kif_1874      

しっかり歩くにはまだまだだけど、立った時にこちらがぱちぱちと拍手したりすると、本人も嬉しいらしく何度もチャレンジしようとします。

そんな感じで皆、成長していくのかな?

 先月 9月15日はスロバキア人の友達の誕生日だったのでカードを送りたかったのだけど、結局メールでお祝い。 昨日返事のメールが来ました。「お子さん大きくなったかな?だんなさん元気?私は仕事が忙しいよ、手紙書きたいんだけど、、」というような内容。

彼女とは中学3年のときから文通とメールでずーっとやり取りしてます。一度も会ったこと無いんだけど、初外国人お友達ということもあり、もう、十何年?(数えると年がばれるからだんだん数えたくなくなりますね)の付き合い。

もういい加減スロバキアに行かないといけないなあと感じながらも、行く機会が、、、子供と行くには少し距離があるし、、この文通・メールお友達関係、おばあちゃんになるまで続けていけたらなあと一つの目標です。To_fumi_at_christmas

                                 彼女からもらった

                                 ある年のクリスマスカード 

私の好きな番組で「英語でしゃべらないと」っていうのがあるんですが、そこには毎回ゲストが登場します。日本では最近見ないなあって思っていた俳優さんが、大体海外で勉強してるんです。 工藤夕貴さんはじめ、田村えりこさんや相原勇さん吉田栄作さん、、元光ゲンジの諸星さんとか。

皆さん自分よりは少し上、40歳に近いくらいなんですが、自分の夢をかなえる為海外に出て勉強し、すこしずつ夢を叶えてる姿を見ると、自分も頑張らないとなって励まされます。

テレビより音楽

 息子にはなるべくテレビよりか音楽でと思って、胎教の頃から使っていたアルクKif_1598 の「エンジェルコース」

つこく、一応毎日聴くようにしてます。音楽あり、物語あり、歌ありで面白いけど息子はどう思ってるのかな?そしてcdは未だに全部聴けてません。一枚を1ヶ月くらい同じの聴かないと意味がないようなので、、

少し大きくなったとき、「この曲は覚えてる」とか言ってくれるのだろうか?

最近は、アルクも聴いてますが、私の趣味で celine dion のフランス語アルバムを聴いてます。英語と違ったフランス語ポップも大好きです。

久々にアルバムを買いました。Kif_1834 高校生になりたての頃からのファンで必ずコンサートには行ってました。

カナダのケベック出身なので、母国語はフランス語。全米デビューするために2ヶ月間英語を特訓しマスターしたということで、歌以外でもすごく惹かれ尊敬し、そしてカナダに行きたくて、ホームスティまでしてしまった思い出があります。

当時、日本ではcelineのフランス語アルバムは手に入らなかったので、カナダでレコード屋さんに行ってフランス語アルバム探してまで購入しました。レコード屋の若い店員のお兄さんに何か話しかけられたけど良く分からなくて、冷や汗かきながら適当に話し合わせた記憶も今ではよい思い出となってしまいました。

日本語でも英語でもフランス語でも赤ちゃんの時はどんな言葉でも理解する能力があるそうです。でも大きくなるにつれて不必要な情報は脳から消えていってしまうらしいです。

色んな音楽かけてみて、どれが一番息子のお気に入りになるのかなと日々実験。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ