« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

観察力

 今年も残すところ後2日となりました。去年、息子は歩くことも出来なかったのに、今では歩いたり走ったり、滑り台で遊んだり出来るようになり、1年の成長はすごいと感じてます。また時が経つのが早い早い。

息子に比べて私は去年より成長できたのであろうか?ただ年取っただけかな、、。

歩けるようになった息子は、ご飯のときと寝ているとき意外はずっと止まることなく動いてます。なので、適当に回り見ずに動いてるのかなと思いきや、かなり観察する力は大きなものとなっていました。20071225180932

 我が家は窓に冬結露が出るので毎朝露取りワイパーをしてます。その露取りワイパーの道具をある日息子が手にしたとき、自然と体が窓の方へ行って、私達がするように行動したのです。 

それを見た時は、あまりめったなことでは驚かない私もびっくりしました。別に誰かが教えたわけでもなんでもないのに、こんなことある日突然やるもんなんだなと思い、大人である自分の行動、、変なことしないようにしないといけないなと感じた年末です。

 昨日はパン捏ね機械で御餅をついてみました。夜中、子供が寝た後にひっそりと作りました。

29日には餅はついてはいけないということで、日付が変わらないうちにと思い少し焦りましたが、無事に作ることができました。20071228223710 20071229000805

一応玄米餅です。久々に手作りの餅を食べましたが、すごく美味しかった。これを使ってお雑煮を作りたいと思います。

そして来年は子供と一緒に御餅作りたいなあ。御餅つきのイベントにも行けたらいいな。

小さい頃は私の母も「もちっこ」という機会で御餅を作ってくれたものです。和菓子が好きな私にとっては楽しみなイベントでした。また家の中にもきちんと鏡餅置いていたし。

今日は、電気屋さんにいって、念願の精米機を少し早いお年玉として旦那に買ってもらいました。(旦那はとうとうフラットテレビを購入)これでようやく精米したてのお米を食べることが出来ます。20080104164423

お米はいつも旦那の実家から白米になった状態で頂いていたのですが、これからは玄米の状態で頂けそうです。本当にありがたいです。

今年一年特に大きな病気や不幸もなく過ごせ、感謝します。

また、来年も気ままに日記書いていけたらいいなと思ってます。

イヴの夜

 今日のお昼には新幹線に乗り東京に戻ってきました。あっという間だった2泊3日の里帰りでした。

行ってみたいなあと思っていたロハス系のカフェもいけなかったのは残念だったけど、ご家族の皆さんに会えてよかったです。

そして、息子の食欲、、そして息子の食べてるときの幸せな顔。はあちらのご家族にも好評でした。

去年に引き続き12月の3連休を利用しての里帰りは年末年始で帰るよりも疲れないし、大変じゃないしいいです。また来年も行けるかな?今度は車で帰れるかな?

 今日は、クリスマスイヴです。スロバキアと韓国のお友達からもメールでクリスマスカードを頂き少しクリスマス気分に浸れました。

滋賀から帰ってきて、ちょっと疲れたけど、イヴだったので簡単ケーキを作りました。20071224185728

20071224185659 キャロブや木綿豆腐を使った、チョコレート風ケーキ。

 洋菓子はクリーム作ったり色々と大変ですが、砂糖、牛乳、卵を使わないで作るケーキはホント簡単です。

木綿豆腐はミキサーにかけると本物のクリームのようになります。ご飯を作りながらケーキも作れるので時間がないときでも便利です。

キャロブというイナゴ豆はカカオの代わりになるということで、10年くらい前に欧米で流行りました。チョコレート菓子の代わりに使われて、ソニープラザのお店にはキャロブチョコが置いてあったりします。私はキャロブの独特の香りと味が苦手なので、ココアパウダーも使いましたが。

今年もいよいよ残りわずかとなってしまいました。1年あっという間。

ヨーガの方の卒業論文は出来たのですが、栄養学の方はまだ1科目も提出できてない、、、

久しぶりの金閣寺(息子は初)

 昨日から、旦那の実家滋賀に来ています。

初日は生憎の雨となり、ついた日は特に何処へも行かず、旦那の実家でのんびりくつろいでしまいました。

息子ははじめ家になれない感じでしたが、段々と本性を現し、いつものようにおもちゃの車で遊んだり散らかしたりしました。

今日は、雨が上がったので午後から京都に行きました。旦那の実家に帰ってるということもあり、午前中はお兄さん一家に合流したり、また、岐阜に住む旦那の双子の弟一家が神戸に向かう途中に顔を出すということで、ほんとに短い時間ですが、旦那の兄弟が集まりました。 

そんなこんなで時間も押しまくり。

今回、観光できたのは結局金閣寺だけでした。Kif_1995 20071223150208 4年ぶりくらいの金閣寺。前回は補修が行われていてほとんど何にも観れませんでしたが、今日はすっきりと綺麗な姿を観ることができて大変よかったです。

                金閣寺散策中の息子  →

金閣寺は足利3代将軍義満が造られたそうです。正式な名称は「鹿苑寺」 臨済宗相国寺派の禅寺(1994年世界文化遺産)

今回きちんとパンフレットを見てみたら、英語をはじめ中国語と韓国語ものっていてすごく勉強になるなあとおもいました。いままでもそうだったのかな?きちんと見てなかっただけ?

リマにておせち教室

昨日から2日間に渡って行われた、リマのおせち教室に本日だけ参加することが出来ました。

講師は上級の主任講師の方なので、厳しくそして親切に教えてくれる先生です。

今日も手際の悪さを怒られました。

生徒さんも平日にも関わらず大盛況。

品数は15品目

 ①信田餅雑煮

 ②菊花蕪

 ③長寿黒豆

 ④市松昆布巻き20071219130311_3

 

 

⑤ゆり根きんとき20071219130348

 

 ⑥里芋の松風焼き20071219130405

 

 ⑦コーフーの三色揚げ

 ⑧たたき牛蒡のナッツ風味

 ⑨れんこんボール(追羽根&串ボール)20071219130331

 

 ⑩岩こんにゃくのお煮しめ

 ⑪椎茸の亀甲煮(十紅白鶴)

 ⑫紅白花蓮根

 ⑬紅白梅20071219130356

 ⑭松竹梅(松葉銀杏・絹さや竹・ねじり梅)

 ⑮紅白りんご羹20071219121007

  品数も多く時間も限られているので、あちこちのテーブルで一斉に仕事が始まり、いつもの教室にもまして作業が早かったです。メモを取る時間なんて一切なかった感じ。

最後の30分くらいはレクチャーをしていただき、新年に頂く御節について説明がありました。御節とは歳神様にお供えする料理。それを下げてから頂き生命力にあずかるもの。

節日→五節句→供える料理(一家の繁栄と健康を祈る。家業の隆盛を祈る)

最近は、元日からお店も開いてるし、ひっそりと静かに新年を迎える雰囲気もまるでなくなってしまいました。だからか、お正月がもうすぐ来るんだなという実感もまるで湧かないのが現実です。

それでも、実家では買ってきたものを含めて母は煮物やお雑煮は手作りをしてくれました。私は子供の頃栗きんとんが好きだったので、それは自分で手作りをしたものです。

結婚してからは、本を見ながら御節を作り、去年の年末はすでにマクロビを知っていたので、ブリ以外は動物性のものを使わずに御節を作りました。

今年は、リマで教えていただいた御節を数品作ることができたらいいなと思ってます。

教室での作品はこんな感じに仕上がりました。20071219133842 20071219141716 20071219134056

20071219133151

1歳4ヶ月

1歳4ヶ月、、パチパチ。先日は下痢になったりで不安定だった息子の体調もあまりひどくならずに、回復してきました。熱があったりしたわけではないけど、小さい子の体調が悪いと本当に心配です。

お腹がゆるいときに玄米スープを作ってみたりしました。スープを作った残りのお米もしっかりと、おやきにしていただきました。

旦那も第一大根湯を飲んだり、早めに帰ってきて早く寝ることを心がけたお陰か熱もすぐに下がり、回復してきてよかったなあと思いました。

 街中にクリスマスの飾り物が多くなりました。

うちでも、20071128165404 ↓こんなのがあります。ただのおじさんではありません。

「サーフィンサンタ」です。

20代前半のクリスマスの時期にニュージーランドに行ったときがあり、夏のクリスマスを経験したのですが、当時の職場の先輩達がこれを私にくれました。

今まで登場することなく、実家の奥で眠りこけていたサンタ、、、

息子は最初歌って踊るサンタを見ておびえてましたが、今はすっかりなれて陰でいじめてます。また、最近ゲームセンターで父が「踊るサンタスティッチ」を取ってくれて、新たに仲間入りです。20071206092132_2

急性胃腸炎?

巷でいま流行っているという急性胃腸炎が私にもかかったのかな?という感じで吐き気と下痢に襲われて金曜日は朝起き上がることも出来ず、旦那に一日仕事を休んでもらい息子をみてもらいました。

私は朝ご飯を炊くくらいで起きただけで後はひたすら眠り続けました。こんなに寝られるんだーって驚くくらい寝ました。何となく身体の節々が痛かったのですが、熱はまったくありませんでした。

そんな中、旦那が息子と昼間に散歩して帰ってきたら息子が「たべたものを吐いた」という知らせ。

夜もあまり食欲がなかったようで、その後下痢に。特に熱もないけど、ノロウイルスかロタウイルスにでもなったかと心配しましたが、今日は食欲も戻り回復。

で、今度は朝から絶不調なのは旦那。やはり吐き気と下痢だそうで、でも彼の場合には熱もあるし風邪?

明日は仕事なのに、、、とりあえず第一大根湯を飲んで寝てもらいました。熱下がるかな?

私は今日は行くか行くまいかずいぶん悩み、宿題も郵送の準備していたのですが、母も来てくれていたので、ヨーガに行って来ました。

今日で講義は終了。午後には今まで学んだアーサナやプラーナヤーマを三人一組になって、一人は講師役二人は生徒役で実技を行いました。

いよいよ1月には試験なんですが、大分昔に習ったエクササイズなどは遠い記憶の中にあり、自分が説明しているにもかかわらず、どんなんだったけ?みたいになったりするしまつ。

プラーナヤーマを口だけで説明するというのもまた難しいものでした。普段、インストラクターで活躍されてる方は自然と言葉が出てきてテキスト見なくてもすらすらっと説明されるのを聞くとすばらしいなあと思ってしまいました。

今年2月から始まったヨーガインストラクターの講座もあと1回。もうそんなに時は経ってしまったのかと思うとホントあっという間で驚きます。

毎月顔を合わせていたメンバーとも顔なじみになり、後1回と思うとさびしくなります。

次のコースへの希望者も沢山いるそうです。後2年間続けることできるかな?20071205155707

ひしお味噌四日目

 ひしお味噌 四日目となりました。20071204074529 段々と状態がしっとりして変わってきました。

先日、リマの教室でひしお味噌を使う機会があり、そして簡単に作れることを知りました。私は甘酒に混ぜて使おうと思い、「ひしおの糀」を購入していたのですが、全く手につけてなくて気がついたら賞味期限が近づいていたため、「ひしお味噌」を作ってみることにしました。後、一ヶ月くらいで食べごろとなるそうです。

ひしお味噌は、今一般的に使われている味噌の原型となるようで、歴史が古いお味噌だそうです。

 今日は、2週間ぶりの着付け教室。11月下旬に購入した帯が届き、それを持参しての練習となりました。20071204184208 今日は、袋帯の二重太鼓を作る回でした。帯は柔らかく結びやすかったです、しかし、その前に間が二週間も開いてると、着付けもいまいちで先生に直されまくり。。。

なかなか、うまくは着れないものです。

今月の三連休に旦那の実家滋賀に行くので中日は京都観光が出来る予定。京都を着物で歩きたいけど、まだまだ道のりは遠そうです、、トホホ。

インフルエンザが流行りつつあるようです。同じマンションに住む息子と同い年の子が予防接種を受けたにも関わらず、42度の熱を出し、急性のインフルエンザにかかってしまったらしいです。とても心配。

うちは結局誰一人として予防接種を受けなかったので、出来る限りの予防はしっかりとしていきたいと感じた日でもありました。   

リマの試作会

今日は、二度目のリマの試作会に行ってきました。まだ上級が終わってないので中級の作品を提出しました。選んだ課題は「鉄火味噌」。それぞれの野菜をみじん切りにして味噌を焦げないようにさらさらに仕上げるという、説明は簡単ですが、作業は大変で最低でも2時間かかる作品です。

200712021243502 私は野菜を細かく切ったつもりでもまだまだ修行が足りず、粒が大きくなってしまいました。粒が大きいと味噌の甘味も引き立たないということで、野菜を切る段階が甘かったようです。野菜をひたすら細かく細かく切ることがポイントの鉄火味噌。そのあたりを私は忘れてしまっていたようで、反省の日となってしまいました。

同じウイークエンドのクラスを取られている方の鉄火味噌作品はそれはそれは細かくてサラサラとしていて、大変美しく、見事「松本校長賞」を取得されていました。すごい!!

上級クラスの皆さんも力作ぞろいで驚きました。各テーブルとても華やかで素晴らしかった20071202123705 です。20071202130650 20071202124856 上級といえど師範クラスの方々に負けないくらいの作品の数々に、次回このような作品を自分が出せるのかな?と不安になるほどでした。

行くまでは憂鬱な試作会も、行ってしまうと皆さんの様々な素晴らしい作品に出会い、大変勉強になることばかりです。

 試作会終了後はリマの皆様方とお茶をしに代官山の「Cafe & Restaurant aSuka」に行ってきました。誘っていただき感謝です。今まで、皆さんとご一緒できるときがなかったので、今回お話できてすごく嬉しかったです。夜遅くなることをokしてくれた旦那様にも感謝。20071202170343

← aSukaで頂いたお茶とケーキ


海草好きな息子

 「刻あらめ」で煮物を作りました。20071130123733

こちらのあらめという海草もマクロビオティックを知ってからであった食材。20071130123811

車ふと違って、こちらは普通のスーパーではお目にかかることができません。何故でしょう?

ひじきよりもくせがなくわかめよりも細く切られている?ため、子供でも食べやすいらしく、息子は抵抗なく食べてくれます。

他の海藻類も普通に食べてくれますので、少な目の髪もどんどん増えてくるかな?

 アメリカの大学の通信講座に9月に入学し、今、「ホリスティック栄養学」というのを学んでます。基礎栄養学の部分を学んでいるところなのですが、この世に存在する物質というのは本当に沢山あり、それが人間を創り地球を創り、宇宙も創りすごいなあと感心するばかりです。

料理方法を学べればということでリマの料理教室に通っていたわけですが、リマで学べた古い日本の智慧や宇宙の秩序、物を大切にする気持ち、四季の移り変わりを感じる。その世界に引き込まれるのと共に、どんどん、栄養学の世界にも興味を持ち勉強することにしました。何故アメリカの栄養学かというと、日本の栄養学は遅れているといわれているからです。

植物性だけ取ってれば人間は生きられるということは分かっているけれど、でも、成長段階にある息子にとって本当にそれでいいのかな?という疑問や不安があり、この先たくさんの壁があるだろうし。。栄養学勉強して損はないだろうなあと感じました。

それにしても、食品業界のこのところの不祥事が後をたたないです。平気で賞味期限切れを使ったり、虚偽記載したり、、、やはり、家で料理することが一番まだ安全だよということなのでしょうか。

Dscf1545

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ