« 伊勢2日目 | トップページ | 丸の内オアゾ »

伊勢最終日

最終日といってもどこぞにいくわけでなくて、車で帰るだけ。

妊婦なので、高速の運転は少々難しく、旦那にすべてをお願いしなければならないため、9時過ぎには出発しました。

今回お世話になった「星出館」

女将さんは70歳になろうかという方。

14歳の頃より、偏頭痛に悩まされることも多く記憶力が極端に低下したため、自然菜食を始められたそうです。

ご自身のお母様も癌を何度か患い、手術もしたが麦ご飯療法で治したこともあるとおっしゃっていました。

マクロビオティックも15年やったけれど、年数を重ねていくうちにマクロビだと陽性すぎて顔色も悪くなり知り合いの方の中にはかなり痩せられてしまったそうです。今ではその人自身にあった食養指導を宿をやりながらやっているそうです。(これは趣味だと言ってました)

趣味とはいえご病気の方を食養で治されてるのだからすごいです。

年寄りには玄米菜食は難しいとも。食べるのに相当よく噛まないと消化不良をおこすし食べるのが大変。

そのため「麦ご飯」を「酢飯」で頂くことをすすめているそうです。

また、病院にはたとえ怪我をしてもあまりいかないそうです、、、

宿はかなり古くて、中庭に小さな日本庭園があります。20080913175423 20080913175341

水琴窟という、水の音を楽しむものもありました。http://www2.tokai.or.jp/hikaru/index02.html

右脳を活性化させるそうです。心地よい水滴音に現代からかなり離れたところにタイムスリップした気分。

また、宿の近くには蔵を利用した喫茶や工房などがありとてもよい雰囲気に包まれていました。

外国人のお客様も多いとの事。言葉はどうしてるのか?と女将さんに質問したら「適当だよ。知ってる単語だけ並べて会話してる。」とあっけらかんと回答が。

菜食の外国人の方でもこちらの宿ならば安心。

印象深い伊勢の旅となりました。

« 伊勢2日目 | トップページ | 丸の内オアゾ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊勢2日目 | トップページ | 丸の内オアゾ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ