« 北茨城の目的 | トップページ | 水戸 »

北茨城、海編

旦那さんと朝合流。

泊まっていた宿からは20分くらいで海に出られました。
久々の太平洋。大海原、大変気持ちよかった。Kif_0154

五年に一度しか行われない常陸大津の御船祭が土日に行われるということで、大津漁港は賑わいを見せていましたが、私達が昼を食べてついた頃には、御船はすでに街を練り歩いた後だったらしくwobblyみられなかったです。残念sweat01

お昼は、自然食レストラン「パンプキン」http://www4.ocn.ne.jp/~mpumpkin/
ご主人が脱サラして作られたお店。
ご家族でお店をされていて、ほのぼのでしたし、お店以外にも過疎化しつつある北茨城を活性化させるため演奏会などやったり地元の方々とミュージカル創ったり活躍されてるようで、いろいろお話していただきました。

ご主人にも長男と同い年のお孫さんがいらっしゃり、「こどもは見ていると突然思ってもいないことをやるからおもしろいね」、お店の中にある外国製の太鼓を叩く姿でどんな子供か分かるともおっしゃっていました。

うちの長男は、引っ込み思案、、太鼓叩いてごらんといわれても「おかあさんやって、、」と人に譲り自らは叩きません。ご主人に言わせると「とても気持ちが優しい子だと思うよ」と言われました。


もし、お試し田舎体験をすることになったら、通ってしまいたいお店です。それぐらいご主人が何かオーラを持っているような、素敵な方でした。

今日の宿ビジネス旅館なのですが海にとても近いので、潮の音を聞きながら就寝します。

« 北茨城の目的 | トップページ | 水戸 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/464175/29402256

この記事へのトラックバック一覧です: 北茨城、海編:

« 北茨城の目的 | トップページ | 水戸 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ