« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年12月

イチゴ狩り

今年最後のイベント

無事に水疱瘡も終わり、いつもの久喜市へイチゴ狩りに行きました

イチゴ農家さん宅で、近所の子供か親戚の子供かで集まって餅つきしてました、りっぱな杵と臼で

広いがあるから出来るんですよね
よいなあ〜

早い時期のイチゴ狩りは、やはり甘味にたりなさを感じるものの、美味しいので、ついついドンドンと頬張ってしまいますねshock

チビ達とまた来年も、ガヤガヤと騒がしく元気にやっていきたいですnote2010122811030000 2010122811070000

アーユルヴェーダセミナー

長男水疱瘡ですが、アーユルセミナーに参加することができましたcoldsweats01

以前
アーユルの先生から瞑想した方がいいと言われたので、瞑想方法も学べるからということで参加しました。

瞑想は少しの時間しか取れませんでしたが、他にも興味深い話が多く、またアーユルの食事、試食もありですごく面白かったです。

インドではベジタリアンが多いですが、乳製品は取ります、また ガンジーも死にそうになった時に山羊乳で命拾いしたそうで、乳は素晴らしいと感じたようです。

アーユルの世界でも乳はバランスの整った食品とあります。
ただし、取り方に決まりがあります。冷たいまま飲まないとか、芋類、肉類、豆類、など消化に重たいものとは一緒にとらないなど。

また無塩バターを溶かしてつくるギーは、食べる他にマッサージで使用したり傷に塗ったりとバターとはまるで違うものとなり、大変優れたものとなるそうです。

気になってはいたものの
乳製品は食べなくなっていたので、ギーを作ってみることもありませんでしたが、セミナーでギーの作り方までやるとは思ってなかったので、参考になりました。2010122313350000

また、少しのスパイスを使うだけで、毎日単調な味付けも変化が見られ面白かったしうちでも少しずつ取り入れたいです。

アーユルの勉強は前からやりたかったので来年も少しずつ前進できるようになれたらいいなと思っています。2010122313320000 2010122313590000

長男水疱瘡

赤い斑点がやって来ました、長男にもcoldsweats01

病院に連れていってもらったらやはり水疱瘡でした。

長男も高熱はなく、外に行けないためか少し食欲が落ちましたが、かゆみも大したことなく無事に水疱瘡を終えました。


けれど、楽しみにしていただろう保育園のクリスマス会に出ることができなかったので、残念でした

そんなわけで、チビ二人は早めの冬休みに突入しました。

みそ会

2010121911570000 今年1月にhさん農家で作った、味噌のお披露目会に参加しました

同じ場所で作った味噌がそれぞれ持ち帰った場所で育つと色も味も微妙に違いすごく面白かったです。

中には麦麹で作られた味噌もご持参くださった方もいたので違いがよく分かりました、

hさんは麹から作った味噌もありそれを細かくノートにまとめてあるのをみせていただきましたが、とても研究熱心なので、またまたよい刺激をいただいた気がしました。

私が麹を作れる日がくるのかな?

パン教室

久しぶりのパン教室

先月は土曜日出勤があったので、パン教室にいけなかったのでwobbly

夫が風邪気味だったので、今日は次男も連れて行くことにしましたが、

二人揃うと遠慮なくけんかし始めたりで、少しは大人しくしてほしいなあ

  今日は、 

            ロールパンと

            焼きカレーパンを教わりました

    焼きカレーパンの生地にはターメリックを入れて黄色い生地にしました。

こねるとどんどんと綺麗な黄色の生地になって、素敵な色となりました。

ターメリックがほんのり香るくらいです。けれど食べる時は中の具ととてもマッチしていてターメリックの味も混ざって凄く美味しい焼きカレーパンになりました。

中に入れるカレーも出来るだけ水分を飛ばしてパン生地を包みやすくして作ることがポイントです

2010121813370000 2010121813380000 2010121813390000

チビ二人を受け入れてくれる、

A先生に生徒さんたちに感謝です、騒がしくて申し訳ないです・・・

パン教室は楽しいです。

来年も続けたいことのひとつです

金継ぎ

木風堂で、いつも器や匙等置いてある漆作家さんが、来堂し

金継ぎ技法を見せてくれるというので、長男を連れて行きました

次男の陶器製のお皿が欠けて、それを自分で直したくてネットで金継ぎ道具を購入したのですが、まだ実行されてない状態でした。

最近は金継ぎ教室も結構あちらこちらでやってるのを見かけますが自分が参加したこともなく、道具を持っていても直せるのだろうかと、放置したまま・・・

木風堂さんでやるなら是非みてみたいと、水疱瘡の次男は夫に預け。

職人さん系は、結構無口でお話されない方が多いですが、寡黙

木風堂にいらした作家さんは、良くお話しされる方で、楽しく学ばせてもらいました。

金継ぎって金をいっぱい使うものだと思っていましたが、漆がメインであり、またその繋ぐ材料もご飯粒だったり小麦だったりと器たちに優しい自然のものだという事が分かり凄く勉強になりました。

作家さんは拭きうるしをメインに作品を作っていらっしゃるので、拭きうるしの技法も見せてくれました。

器を修正するくらいであれば、うるしを使うとき手袋等はいりませんが、拭きうるしをする時は分厚いゴム手袋が登場

何年もうるしを使っていても、慣れる事はなくかぶれてしまうそうです。

でも、拭きうるしをした箸や箱はまた新たな顔を見せ、すごくいい色となっていました。

うるしは乾燥してる場所では渇きにくいそうで、冬に作業をするならば雪が深いところがいいそうです

うちに帰って、開けてなかった金継ぎ道具を開けてみると今日習った道具が入っていました。

冬場は乾燥しないってことなので、蒸した夏にやってみよう・・・

今日、子供いすが出来上がりました

これでまともにご飯が食べれます2010121309370000

クリスマスツリー3人で飾りつけしてみました!!

2010120509080000

次男水疱瘡

少し前に、保育園で水疱瘡になった子がいました。

みごと、次男がうつった模様

急な出来事で私は対応できず、夫が早退し病院に連れていってくれたりしました、ありがたかったです


症状は、赤いボツボツが出て初日は微熱もありましたが、あまり痒がることもなく、食欲もあり、普通におうちで過ごせました。次男は飲み薬もほとんど飲まなくて、塗り薬も病院からのものは使いませんでした。


水疱瘡の予防接種は二人とも受けておらず、重くなるかと思いましたが、軽くてよかったです。


つぎは長男かな?と思い、年末予定していた旅行も取り止めました。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年2月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ