« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

七五三

近場の神社で 長男の七五三を行いましたrain

2011102210510000 雨ザーザーの中彼はやっぱり雨男?泣けるほど(雨)成長を喜んでいただけたといいように解釈したいです。

おかげで 神様独り占めで神社は貸切!!

3歳の次男までついでにお祝いしてもらいました。ありがたい。

ここまで、大きくなるのもあっという間なのか長かったのか、、、

5歳の彼の夢は 「お店を持つこと」だそうです。この日神様にお願いしました。

具体的なお店はどんなものかわかりませんが、とりあえず、シードマイスターの先輩のカフェに近々ボランティアしに長男と行きます。

今では、キッザニアとか体験できる施設もありますが、本物に勝るものはないので。

2011102420340001 ポーズも様になってきました。

2011102420340000 次男も真似っこです。

土と平和の祭典in日比谷公園

初めて 行ってみました。 「土と平和の祭典」 加藤登紀子さんとその娘 yaeさんが世話人、代表役でやる祭典です。

毎年 10月に開催されますが、一度も足を運んだことがありませんでしたが、今年はシードマイスターの先輩方がお店を出展するということで、遊びに行くことにしました。もちろんチビたちと一緒に。

旦那さんは近くの職場で仕事があるという事で、車で運んでもらえました。

この祭典の出展者さんたちは、こだわりの野菜、こだわりの製法でパンやお菓子を作ったり、洋服・雑貨などを作っている方々ばかりです、どれをみてもほしくなるものばかり。

メインステージでは、今年はやはり原発に関する福島の現状の話しや、今後の話しを専門家の方や現地の方がお話ししていました。特に福島から子供たちを守ろうとする会の人々は怒りをこめて話していました。

いつも 日比谷公園でこの祭典は開かれますが、日比谷公園のすぐそばは官公庁エリアです、、日曜日だけど日比谷公園でやる意味はここにあるというか、国の機関が対応を直ぐにしないため、皆訴えたいだけ訴えます。

シードマイスターの先輩達のテントでは、安心な種を売りながらマクロのスイーツを販売してました。

種の事にも興味をもってくれてる方々も沢山いて、先輩達のところにはひっきりなしにお話されるお客さんが沢山いました。

けれど、先日夕方のニュースでは 忙しくて包丁を使いたくない家庭が増えていて 果物が売れないそうです。

カットされた果物を求めるそうです、、、種無しぶどうや柿などが食べ易くて売れるそうです。

少し、立ち止まって考えて欲しいです、カットされた果物は酸化が始まります、そのため悪くならないよう添加物が使われているでしょう。

種無しが食べ易い、、ということは 子孫を残せないってことです。それを食べた人間に影響がないとは言えないのに、売る側はそれを説明することはないんです。

そういった意味でも、この「土と平和の祭典」みたいなイベントが必要なんだろうなと思います。

保育園運動会

運動会でした!!

去年と違う種目などがあり、また楽しい時間を子供たちは過ごしたみたいです

次男といえば 本番はやっぱりだめで 練習したダンスは踊ってくれませんでした・・・

けれど、親子競技のときは なまえを 呼ばれて きちんと手を挙げてお返事し、私をめがけてくる間の障害物を難なくやってのけて、途中アンパンマンのかぶりものをかぶりちゃんとゴールできました!!

長男は、とても楽しそうに体を動かして準備体操したり、また リレーはバトンを持って走っている姿は様になっていたので、私の運動音痴の血はあまり入ってないなと思ってある意味安心しました。

キッズダンスは、難しい振付であろうものを みんなで一緒になって踊っている姿がすばらしくて、

園児exileかと思うほどでした。

キッズダンスはこの 川口・鳩ヶ谷でもチームが沢山あるんですよねきっと。

その中のチームがラスベガスで踊って 世界で5位になったとニュースを読んだことがあります。

そのチームの先生が園児たちに教えてくれてるかどうかはわかりませんけれど、ダンスは大流行ですね。

 ヨガのポーズをチビたちが家でもやるようになってきたので、

うちでも キッズヨガがやれるようになってきたと、すごく嬉しく感じました。

そのうち 一緒に瞑想でもやれれば、イライラが緩和するでしょうか・・・

今年は保護者だけの競技なんかもありました。

また、ちかくの 介護施設 に 保育園園児が行くような交流もあってか、おじいちゃん おばあちゃんも

招待されるなど、去年と比べたらまた活気がありました。

来年は 次男は踊れるようになれるのかな?

次男3歳

3歳になりました。

長男と比べると我が強い、、、すぐおこる

納得いかないといつまでも泣いてわめく

次男だからしょうがないんでしょうか?

保育園では全く問題なく 他の子供と争うこともないようだから 家の中だけこういうことは許されると思ってやっているんでしょうが。

まあ、無事に三歳です

ブロックが得意だからと思って探すんですけど、土に還れるブロックを見つけるのが至難の業で

私からプレゼントらしきものはあげてません。

次男よ大きくなったら 土に還るブロックを研究・開発してください。

とにかくおめでとう

シードマイスター

かねてより参加してみたかった 「シードマイスター」の講座へ参加してきました。

3日間かけて行われるこの講座 思ったよりも 中身が濃くって、、  3週間連続 週末家出みたいな状態な私を

鼻かぜが襲ってきてなかなか体調がよくなりませんでしたが、 この講座にはいかなければならないお導きみたいなものを感じました。

シードマイスターの 第1期 卒業生に ハリウッド女優 工藤 夕貴さんがいますが、農業実践者としてお話を聞かせていただく時間がありました。農業をしていくと、、行きつく先は種だった

種がおかしい、、ということに気が付いた。

私も、市民農園を始め 行き着いた先が種でした。工藤さんよりも全然 小さい場所の畑だけど、気が付いたときに 野口勲さん(種屋さん)の本を読んで衝撃を受けました。

その 野口さんも講師にいらっしゃるということで、野口さんの話を直接聞けたことも本当によかったです。

また、「食品の裏側」という 暴露本を出した 阿部 司先生も講義をしてくれました。

2011093012430000 2011093013170000

↑ 色々な 化学調味料を使って食品?作り出してるところです、、、これは 清涼飲料水 や 漬物を染色しているところです。

ほーらこんなに きれいな 沢庵2011093012350000

とばかりにでてきました。。。白色が本来の色、黄色が着色したものになります。

消費者は 安い・簡単・便利を 求めるあまり こういうことになってしまった。。。会社側も利益を得るためにどんどんエスカレートしてしまった。

阿部先生は 子供たちにはこういうものを食べさせたくないってことで 足を洗って まっとうな道へ進むことになったそうですが、、世の中 安い・簡単・便利 を 求めてしまうんです、、みんな忙しから

また 医者の 鶴見 隆史 先生も講義をしてくれました。

先生の病院では まったく 薬を出さない、酵素や食事療法などで病気を治すことをモットーとしています。

癌になる原因は 活性酸素 だということです。

要は空気を取りすぎることはいけない、、空気は酸化してしまうので。

なので、電子レンジもダメ 食品は チンすると 酸化の塊になります。細胞死んでますので。

酸素を採りすぎるのはダメだということは、ヨーガの師匠 木村先生も言ってました。

また 電子レンジは マクロの教室に行けば嫌でも耳に入ってくることです。

鶴見先生は、巷の有名な野菜の宅配にも気を付けないさいともお話がありました。有機とうたっていても堆肥に何が使われてるかわからないよと。

自分の患者でもとても食生活に気をつかい、○○の野菜しか食べてない と言ってるのに 病気になる。

毛髪診断で調べてみると ある数値が異常に高かったなどもおっしゃっていました。

先生自身もお米と野菜を作るグループを立ち上げ 無農薬無化学肥料で育てているそうです。

なので、この シードマイスター を 主催している 石井さんと知り合うこととなり講座でもお話をしていただいてるようです。

自分がこうまでして勉強したいと思うのは、自分の子供を守りたいからです。

化学調味料も、電子レンジも、種も農薬の問題も 放射能と同じで 体に取得してしまっても、ただちに健康に害することがないから誰も何も言わないし誰も教えてくれません。

たとえ 子供に出なくても、その子供には必ず影響が出てくることが分かっているそうなんです。

残念ながら 戦後は 農薬・f1種が主流で 私も汚染されてる時代の人間です。しかし、少しでも悪い方向にならないよう、自分でできることは進んでやっていきたいと思っています。

野口 勲 先生に サインをいただきました

  「絶望の日まで希望の種をまく」  

重いお言葉に涙が出るような、、けれど力を与えられた言葉でもありました

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ