学問・資格

パン教室

bread今年最後のパン教室

・2種類の角食パン

・玉ねぎの炒めとキャラウエイシード入りのお総菜パン2011121714180000_3

手捏ねをするのに大分なれてきました、グルテンの伸び具合も感覚で分かってきた感じです。

次男においては計量が手馴れてきました。一番食べることが好きだけれど、パンが最初はどんなものからできているのか体に染みついてきたんではないかと思っています。

パンの奥深さに今年は触れることができた年ともなりましたが、まだまだたくさんのパンを習って行けたらいいなと思っています。

シンプルパンが一番好きだけれど、いろんな表情を見せるパンってやはり素敵です。

長男は少し前から「ピアノを習いたい」ということで毎週土曜日ピアノに行くこととなりました。

自分からやりたいということでしたので、どのくらい続くかはわかりませんが、楽しんでマスターできるとよいなと思っています。

陰ながら見守ろうと思っています。

シードマイスター

かねてより参加してみたかった 「シードマイスター」の講座へ参加してきました。

3日間かけて行われるこの講座 思ったよりも 中身が濃くって、、  3週間連続 週末家出みたいな状態な私を

鼻かぜが襲ってきてなかなか体調がよくなりませんでしたが、 この講座にはいかなければならないお導きみたいなものを感じました。

シードマイスターの 第1期 卒業生に ハリウッド女優 工藤 夕貴さんがいますが、農業実践者としてお話を聞かせていただく時間がありました。農業をしていくと、、行きつく先は種だった

種がおかしい、、ということに気が付いた。

私も、市民農園を始め 行き着いた先が種でした。工藤さんよりも全然 小さい場所の畑だけど、気が付いたときに 野口勲さん(種屋さん)の本を読んで衝撃を受けました。

その 野口さんも講師にいらっしゃるということで、野口さんの話を直接聞けたことも本当によかったです。

また、「食品の裏側」という 暴露本を出した 阿部 司先生も講義をしてくれました。

2011093012430000 2011093013170000

↑ 色々な 化学調味料を使って食品?作り出してるところです、、、これは 清涼飲料水 や 漬物を染色しているところです。

ほーらこんなに きれいな 沢庵2011093012350000

とばかりにでてきました。。。白色が本来の色、黄色が着色したものになります。

消費者は 安い・簡単・便利を 求めるあまり こういうことになってしまった。。。会社側も利益を得るためにどんどんエスカレートしてしまった。

阿部先生は 子供たちにはこういうものを食べさせたくないってことで 足を洗って まっとうな道へ進むことになったそうですが、、世の中 安い・簡単・便利 を 求めてしまうんです、、みんな忙しから

また 医者の 鶴見 隆史 先生も講義をしてくれました。

先生の病院では まったく 薬を出さない、酵素や食事療法などで病気を治すことをモットーとしています。

癌になる原因は 活性酸素 だということです。

要は空気を取りすぎることはいけない、、空気は酸化してしまうので。

なので、電子レンジもダメ 食品は チンすると 酸化の塊になります。細胞死んでますので。

酸素を採りすぎるのはダメだということは、ヨーガの師匠 木村先生も言ってました。

また 電子レンジは マクロの教室に行けば嫌でも耳に入ってくることです。

鶴見先生は、巷の有名な野菜の宅配にも気を付けないさいともお話がありました。有機とうたっていても堆肥に何が使われてるかわからないよと。

自分の患者でもとても食生活に気をつかい、○○の野菜しか食べてない と言ってるのに 病気になる。

毛髪診断で調べてみると ある数値が異常に高かったなどもおっしゃっていました。

先生自身もお米と野菜を作るグループを立ち上げ 無農薬無化学肥料で育てているそうです。

なので、この シードマイスター を 主催している 石井さんと知り合うこととなり講座でもお話をしていただいてるようです。

自分がこうまでして勉強したいと思うのは、自分の子供を守りたいからです。

化学調味料も、電子レンジも、種も農薬の問題も 放射能と同じで 体に取得してしまっても、ただちに健康に害することがないから誰も何も言わないし誰も教えてくれません。

たとえ 子供に出なくても、その子供には必ず影響が出てくることが分かっているそうなんです。

残念ながら 戦後は 農薬・f1種が主流で 私も汚染されてる時代の人間です。しかし、少しでも悪い方向にならないよう、自分でできることは進んでやっていきたいと思っています。

野口 勲 先生に サインをいただきました

  「絶望の日まで希望の種をまく」  

重いお言葉に涙が出るような、、けれど力を与えられた言葉でもありました

ナチュラルハーモニーのセミナー

定期野菜の宅配をしている、自然栽培ナチュラルハーモニーの畑セミナー 全6回の うち 1回 だけ参加してきました。

野菜の宅配を始めてから ナチュラルハーモニーの本を読ませていただいたりしてるうちに、

自然栽培の畑  高橋さんの畑が見たくて見たくしょうがない気持ちでいっぱいでようやくそれが実現できました。

セミナーの参加者は主にナチュラルハーモニーさんの宅配をしている方々ですが、年齢は様々で男女比率も半々くらいでした。

また、家庭菜園やベランダ菜園をされている方がほとんどで 半自給自足を目指す方も多くいらっしゃるようでした。

セミナーの最初は 河名代表の講義、次に成田生産組合の高橋さんのお話

私は講座の3回目だけの参加だけですが、大変勉強になる話ばかりでした。

特に、高橋さんの話は 自然農法ならではの 火素・土素・水素 の三位一体のお話は大変興味を持ちました。

農業だけでなく この三位一体は人間界でも使えるんだというお話は

 インド伝統医学 アーユルヴェーダの 五元素のうち カパ(水)・ピッタ(火)・ヴァーダ(風)の三元素は 人間の

体内にもあり、それぞれの三つの機能が大事でそのうちの一つが強い力を持ちバランスを崩すと病気になるよ、

というのに共通しているなと感じました。

自然栽培では この三位一体が非常に大切なので、高橋さんところへ研修に来た生徒は実践よりもこの三位一体を叩き込むと言っていました。

自然栽培は 自然農法よりも手を加えます。それは 人間が今までやってきてしまったことを取り除いてあげなければ、三位一体のよい本物の土を得ることができないからだそうです。

しかし、それを急いでよい土に仕上げられるわけではないので、人によっては何十年もかかる場合もある。土にはそれぞれの性質があるそうです。

セミナー三回目にして 皆は高橋さんの畑に 行ったわけですが、私はセミナー初回で行けて本当に幸運でした。

皆で 人参の間引きをしたあとに 2011082815040000

高橋さんの畑へ

2011082816470000 2011082816520000

つきました~  ほんとに 雑草がありません、、、またミミズとかも当然ながらいません。

そして、ふかふかでしっとりしていて 気持ちのよい土です。生まれて初めて土で横になりたいと思いました。

また、この土に還りたいと思わせるような土です。

よくよく見ると団粒構造ができていてコロコロと可愛いんです。においも無臭 さわやかで土がおいしそうでした。

高橋さんの仲間の方も自然栽培実践者で20年以上土づくりしてましたが、その方の畑は雑草の種があると発芽してしまうので、雑草があれば手で取りますが、

高橋さんのところは種があったとしても雑草は生えないみたいです。

それが不思議でならなかったのですが、本によると 種があってもそれが発芽できる条件の菌類がいないからだそうです。

高橋さんの畑の土は韓国の研究者やいろんな方が調べたところ、驚くほど菌の数が少ないそうです。またこの世にはもう存在しなくなった筈の菌がいたりするそうです。。

人間が想像する以上に自然はやっぱりすごいんだなと、、実感した一日でした。

高橋さんの畑をみて、 またまたたくさん本が読みたくなりました。。

梅肉エキス作り

ひさびさに、木風堂の「自然食教室」へ

自宅の定期配水管清掃があったため、仕事を休み、早く終わったので、木風堂へ

本日の教室では梅肉エキスと梅ジャム作り

途中から教室へ参加したら、沢山の生徒さんが参加されていました。

梅肉エキスつくりは、こちらも一人で じみーに作ってると淋しくなるので、こうやって沢山の方々とお話ししながら作ってると楽しいです

チビふたりも この梅肉エキスに蜂蜜を入れたものをなめるのが大好きなので、

どのように梅肉エキスが出来るかの工程を知る上にも、保育園を休ませて連れて行きました。

月に一度はm先生が、気仙沼へボランティアにいかれるので、被災地の状況を聞いたりもできました。

生徒さんの中には お菓子作りやジャム作りの達人もいらっしゃり、チビ二人も美味しくおやつをいただいたり、久々に教室を楽しみました。

今年も梅作業、、楽しくできましたhappy01

Download 長男も今年で五歳、

七五三の写真を撮ってみました

いままで、元気に成長していただき、ありがたいと感謝します

七五三の写真を嫌がっておりましたが、七五三をやる意味などを話したりして少しは理解をしたようでしたが、

それでも嫌がっていた長男、

しかし、着物に着替えた瞬間に楽しくなったのか、嬉しそうに写真撮影しておりました。

隣の次男は なにやら王子様衣装ですが、本人が選びました・・・本人はゴセイジャーのレッドの衣装に近かいと思っているので、ゴセイジャーに変身です。

朝ヨガ

丸の内朝大学の朝ヨガ教室の説明会に参加してみました。
朝ヨガだけでなく、丸の内朝大学の講座は農業をはじめ手芸に木こりクラス、ランニング、スタンダードに英会話、toeic、ファイナンシャルプランナーなど、ありますが、主催し企画する方々はおそらく自分よりも若い人たち。

朝を活用するのはホントいいことですね。

私はヨガクラス、行けるかな〜出勤時間との戦いです sweat01sweat01sweat01

アーユルセミナーinハタイクリニック

ハタイクリニックのアーユルセミナー 第4回目に参加してきました!!

参加するのは二度目ですが、体質学を ヴァータ・ピッタ・カパをさらに詳しく学びました。

アーユルヴェーダは インドの古典医学ですが、5000年の歴史を誇り様々な地方の医学に影響を与えたと言われています。

アーユルは治療方法だけがメインではなく、生活方法を正すことが長寿の智恵であると説いているので、色々と勉強になることが沢山あって、面白いです。

色々かくと、、ホント長くなるのでさわりだけ

ピッタとは熱を表すのですが、ピッタ体質の人は、常に体の中に炎を燃やし、自分の意見を受け入れられないと切れるタイプ。明晰に物事を捉えられる。

体の中にピッタ(熱)の性質が多いと夢を見るとき、闘争系の夢を見るそうです。

インフルになった我が長男、、次男はそれほどではなかったのですが、長男は熱が上がったり下がったりしました。

昨日も夜中「マミーきらいい」「あっくんあっちいって」とか寝言を言って必ず喧嘩している夢を見てるんです。

今日のセミナーの話を聞いて、そうっか、、長男の体にはまだ熱がこもっていたんだなと納得しました。

3月になると、カパ(水)の性質の季節となります。この季節になると

花粉症を患う方がいるかと思いますが、主に今時期カパ(水)体質だそうです、、鼻が詰まったり鼻水が出て止まらなかったり。

冬の間に溜まっていた老廃物がカパ(水)性質が優位になってきた季節となったため、それらが噴出する時期だそうです。

目が痒くなったり、体のどこかにかゆみが出たり、、

午後は寒風摩擦(ガルシャナ)と呼吸法を学びました。

ガルシャナは、特に朝起きたとき次男を着替えさせるときに素手でよく体をマッサージしてます。

絹の手袋で行うとより効果的だそうです。これも、老廃物を除去する役割があるそうですよ!!

ベビーマッサージもいいですね、きっと。赤ちゃん喜びます

アーユルヴェーダセミナー

長男水疱瘡ですが、アーユルセミナーに参加することができましたcoldsweats01

以前
アーユルの先生から瞑想した方がいいと言われたので、瞑想方法も学べるからということで参加しました。

瞑想は少しの時間しか取れませんでしたが、他にも興味深い話が多く、またアーユルの食事、試食もありですごく面白かったです。

インドではベジタリアンが多いですが、乳製品は取ります、また ガンジーも死にそうになった時に山羊乳で命拾いしたそうで、乳は素晴らしいと感じたようです。

アーユルの世界でも乳はバランスの整った食品とあります。
ただし、取り方に決まりがあります。冷たいまま飲まないとか、芋類、肉類、豆類、など消化に重たいものとは一緒にとらないなど。

また無塩バターを溶かしてつくるギーは、食べる他にマッサージで使用したり傷に塗ったりとバターとはまるで違うものとなり、大変優れたものとなるそうです。

気になってはいたものの
乳製品は食べなくなっていたので、ギーを作ってみることもありませんでしたが、セミナーでギーの作り方までやるとは思ってなかったので、参考になりました。2010122313350000

また、少しのスパイスを使うだけで、毎日単調な味付けも変化が見られ面白かったしうちでも少しずつ取り入れたいです。

アーユルの勉強は前からやりたかったので来年も少しずつ前進できるようになれたらいいなと思っています。2010122313320000 2010122313590000

パン教室

久しぶりのパン教室

先月は土曜日出勤があったので、パン教室にいけなかったのでwobbly

夫が風邪気味だったので、今日は次男も連れて行くことにしましたが、

二人揃うと遠慮なくけんかし始めたりで、少しは大人しくしてほしいなあ

  今日は、 

            ロールパンと

            焼きカレーパンを教わりました

    焼きカレーパンの生地にはターメリックを入れて黄色い生地にしました。

こねるとどんどんと綺麗な黄色の生地になって、素敵な色となりました。

ターメリックがほんのり香るくらいです。けれど食べる時は中の具ととてもマッチしていてターメリックの味も混ざって凄く美味しい焼きカレーパンになりました。

中に入れるカレーも出来るだけ水分を飛ばしてパン生地を包みやすくして作ることがポイントです

2010121813370000 2010121813380000 2010121813390000

チビ二人を受け入れてくれる、

A先生に生徒さんたちに感謝です、騒がしくて申し訳ないです・・・

パン教室は楽しいです。

来年も続けたいことのひとつです

金継ぎ

木風堂で、いつも器や匙等置いてある漆作家さんが、来堂し

金継ぎ技法を見せてくれるというので、長男を連れて行きました

次男の陶器製のお皿が欠けて、それを自分で直したくてネットで金継ぎ道具を購入したのですが、まだ実行されてない状態でした。

最近は金継ぎ教室も結構あちらこちらでやってるのを見かけますが自分が参加したこともなく、道具を持っていても直せるのだろうかと、放置したまま・・・

木風堂さんでやるなら是非みてみたいと、水疱瘡の次男は夫に預け。

職人さん系は、結構無口でお話されない方が多いですが、寡黙

木風堂にいらした作家さんは、良くお話しされる方で、楽しく学ばせてもらいました。

金継ぎって金をいっぱい使うものだと思っていましたが、漆がメインであり、またその繋ぐ材料もご飯粒だったり小麦だったりと器たちに優しい自然のものだという事が分かり凄く勉強になりました。

作家さんは拭きうるしをメインに作品を作っていらっしゃるので、拭きうるしの技法も見せてくれました。

器を修正するくらいであれば、うるしを使うとき手袋等はいりませんが、拭きうるしをする時は分厚いゴム手袋が登場

何年もうるしを使っていても、慣れる事はなくかぶれてしまうそうです。

でも、拭きうるしをした箸や箱はまた新たな顔を見せ、すごくいい色となっていました。

うるしは乾燥してる場所では渇きにくいそうで、冬に作業をするならば雪が深いところがいいそうです

うちに帰って、開けてなかった金継ぎ道具を開けてみると今日習った道具が入っていました。

冬場は乾燥しないってことなので、蒸した夏にやってみよう・・・

今日、子供いすが出来上がりました

これでまともにご飯が食べれます2010121309370000

クリスマスツリー3人で飾りつけしてみました!!

2010120509080000

子育てと住まいのセミナー

いつもお世話になっている「木風堂」さんにて「子育てと住まい」というセミナーがあったので、

参加してきました。

生徒は私しかおらず、約二時間先生からお話を聞きましたsweat01

久々です、、席についてのお勉強

お話は主に住環境、住環境というと家のそばに駅があるか公園はあるか、静かなところか便利なところかと、外の世界ばかりを考えてしまいがちですが、住環境とは家の中、つまりどれだけ自然環境を取り入れて家作りをしているかを本来は考えるべきではないかというお話でした。

私達は子供が産まれる前に今の家を購入したので、あまり家の中のことを深く考えることはしませんでした。私自身生まれて育った場所が団地だったこともあり、どれだけ便利かと自分達の都合だけを考えて重点を置いていたと思います。

すぐに、家を変える、ましてや「木風堂」さんみたいに全て木で建て釘等使わないで組み立てるなんて出来ないので、今出来ることのヒントが得られたらという思いでセミナーに参加しました。

先生は自分の親世代と同年代だと思いますが、マクロビオティックもご存知で桜沢先生や久司先生の著書も読まれ、たまに実践もされたりするそうで、食と住環境の共通部分を沢山見つけ出しお話してくださいました。

食もそうですが、住宅も戦後から大きく大事な部分を失ってしまい今起こる非行化や不良化につながっているのではないかと考えられるそうです。

今日お話を聞いてとても参考になったことは、子供によい条件のものを与えすぎないということです。

物は勿論与えすぎないほうがいいし、お部屋も出来るだけ厳しい環境にするとか。(暑さ寒さを感じられることの出来る部屋が理想)

小学生になったから机購入なんて特にしなくてよいってことでした。

本人が欲しいと言ったときに一緒に机を作るというのが私の密かな夢だったりしますが・・作れるだろうかsweat02作りたいなnotes

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ